マスゾエのあとに「マスゾエ」あり

 マスゾエ氏がそのセコさで都知事を辞めたのは記憶に新しい。

 そしてそのセコさは政界では有名だったらしい。だがその事実を知っていた有権者は少ないと認識している。その原因は何だろうか?

 自民党はイヤイヤ推薦したはずだが、その悪い点を指摘などしなかったのだろう。そして、これが最大の問題なのだが、マスコミも報道しなかった。

 小池百合子は最初に言った。飲食費は一切計上していないと。それが事実だとしても、多くの疑惑が報道されている。だがそれはほぼ週刊誌ネタに限られそうだ。

 例外は産経が報じたこれ。
東京都知事選への出馬を表明した自民党の小池百合子元防衛相(63)が代表を務める政党支部が、支援者が所有するビルの一室を、相場価格の半額程度で賃借していることが3日、産経新聞の取材で分かった。家賃相場との差額は寄付として政治資金収支報告書に記載する必要があるが、公表された支部の収支報告書に記載はなかった。
 これへの反論はテレビで見たような気はするが、趣旨はおとしめるための報道だみたいな部分だけを切り取った印象だった。そして産経の記事では
自民党東京都第10選挙区支部が賃借している東京都豊島区内のビル1室について、複数の地元不動産関係者は「家賃相場は27万円前後」と証言したが、小池氏側は「築40年、89平方メートルの事務所で池袋では15万~20万円の物件も多いのにもかかわらずなぜ『27万円』なのか分からない」と反論した。
 この反論は事実の認定を論点にしているから、これをはっきりさせるには相場なるものを調査するしかない。
 ところがこれ以降のマスコミの報道は一切ないのである。これは出来レースなのだろうか?

 他にも疑惑は山程あるという。だがそれを有権者はどれだけ知っているのだろうか?そしてこれではマスゾエと同じではないのかと思うのである。

 マスゾエの後に「マスゾエ」あり。何回同じ事を繰り返したら気が済むのだろうか?

"マスゾエのあとに「マスゾエ」あり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント