原発処理水、なんて大阪湾放出なんて批判の値打ちもない

 良くこんな馬鹿馬鹿しい事を思いつくものだ。
福島第一原子力発電所にたまり続けている放射性物質のトリチウムなどを含む水の処分について、大阪市の松井市長は、環境への影響がないことが科学的に確認できれば、大阪湾への放出に協力する考えを示しました。NHK
 まず大阪市長として発言するのなら大阪市に利益があるはずだが、何もない。ここまでして国に奉仕する必要があるのだろうか?
環境への影響がないことが科学的に確認できれば、福島の海に放出しても問題ないだろうが。福島にも風評被害が出るのであれば、大阪に風評被害が出る可能性もあり、大阪市民、もっと広く大阪湾に関係する人にどのように詫びるのだろうか?
大量の水を福島から大阪にどのような方法で運搬するのだろうか。非現実的だろう。

 昔の関空米軍基地化と同じく実現性の低い話題作りだ。馬鹿馬鹿しい。批判の値打ちもない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント