安倍晋三ご夫妻はボルドーで何を?

 最初目に留まったのはこの記事。
23日午前、日本を出発した安倍総理大臣は日本時間の24日午前0時すぎ、G7サミット=主要7か国首脳会議が開かれるフランスに到着しました。
安倍総理大臣は、日本時間の24日夜遅くドイツのメルケル首相と20回目となる会談を行いました。NHK
 実はこの文章は二つのニュースに分かれてあるものです。到着してから会談するまでが少し長い。どうなっているのか記事を探れば。
(現地時間23日)午後、フランス・ボルドー郊外のボルドー・メリニャック空港着。ボルドーのインターコンチネンタル・ボルドー・ル・グランド・ホテル泊。

 (現地時間24日)午前、仏軍機でボルドー・メリニャック空港発。ビアリッツ郊外のビアリッツ・アングレ・バイヨンヌ空港着。ビアリッツのホテル「オテル・デュ・パレ」。

 午後、ドイツのメルケル首相と会談。カナダのトルドー首相と会談。朝日
 なんとボルドーで一泊しているではないか。ボルドーで何をしていたのか?報道はない。

 G7が行われるビアリッツへ仏軍機で移動しているではないか。そこで一つ考えられるのは、ビアリッツの飛行場が小さく日本政府専用機が降りられなくてボルドーに寄ったのだと。実際ボルドーの空港は3100m、ビアリッツの空港は2250mしかない。
 それは分かった。しかし、ボルドーとビアリッツの距離は100kmぐらいしかない。どう移動しても2時間もあればいい。メルケル首相との時間に合わせて行けばボルドーに宿泊する必要なんかないだろう。
 その宿泊費はどれぐらいだろうか?インターコンチネンタル・ボルドー・ル・グランド・ホテルにはいろんな部屋がある。それほど高くない部屋もあるが、最高の部屋は74万円だ。これも国民の税金だ。

 フランスまで行くのに時間の余裕が必要だと言うだろう。それなら直接ビアリッツに行って十二分に準備すればいい。何故ボルドーなのか?日本の記者たちはなぜ何も報道しないのか。

 韓国とも大変なことになっている。そのことについてもトランプと話をしないといけない。仁川に寄っていくのならわかるが、何を考えているのだろうか?

 途中で夫婦でボルドーに寄る?誰でも高級ワインを夫婦で飲んでいると思うだろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント