日韓の子供の喧嘩はいい加減にしてくれ

 日韓の国民はいい迷惑だと本音では思っている。
 韓国では周囲の目が気になって親日ができない風潮だ。誰が圧力をかけているのか、だれも言わない。
 日本では、韓国国民が歓迎しないと宣伝しまくっているが、それは嘘だと民間の声が漏れ聞こえてきている。
 日本国内で韓国国民を拒否するのは一部の嫌韓人のみで、それは今回の騒動以前も同じだ。
 日本人が韓国に行くのに、日本国内での圧力はない。

 こんな情勢だから、反目しあっているのは日韓の政府だけである。

 徴用工の問題について、韓国は司法の判断は政府にはどうしようもないと訳の分からないことを言った。条約の解釈が3権で違えば国の体をなさない。当たり前のことだ。だが日韓請求権論争には個人の請求権が残るか否かとの議論が別途存在する。韓国の議論は日本の国会議論の投射のように見えるのだ。すなわち日本の外務省が個人の請求権が残ると答弁しているので、それとの辻褄をまず日本国内で合わすことが必要なのだと思うが、まともな解説はいまだにお目にかからない。

 日本の経産省は輸出に関する手続きを見直した際には、上記の問題と関係ないとしきりに言ったが、日本の首相はこんなことを今も言う。
首相は「日韓請求権協定に違反するなど、国と国との信頼関係を損なう対応を韓国側が続けている」と指摘。
 これでは台無しだ。 
 北朝鮮とはついに条件なしに対話すると言ったのだから韓国ともそうすればいいのに、今日の発言が上記のものだからどうしようもない。

 徴用工の問題は初めから企業の示談に任せればそれなりに終わっている話だ。それでは日本国内の右派が納得しないと考えて政府が筋を通したものだろう。それは安倍支持層のご機嫌取りなのだから一般の国民とは関係ない話だ。
 韓国も同様の理由で大統領支持層に受けるべく政策をやっている。だから両政府の喧嘩なのだが厳密にはそれを取り巻く層を含むものだ。

 そして両政府はまるで子供の喧嘩みたいなのだ。どうしても喧嘩を続けたいのなら、どこかの無人島にでも行って好きなだけやってほしいものだと思う。

 ここに至っては多くの人が指摘するように、無条件にテーブルにつき、善後策を考えてほしいと思う。話し合いの内容は包み隠さず報道して国民の反応を織り込んでいくべきだ。両政府に任して置いたら絶対に解決しないから、舞台の外に出ていただきたいと思う。

 参考資料  穀田議員の韓国徴用工質問
  毎日記事
0

この記事へのコメント