レジ袋だけ減らしてどうするの

 真面目な顔してしゃべっているのかな?
原田義昭環境相は3日、環境省で記者会見し、プラスチックごみ削減に向け、スーパーやコンビニ、百貨店などで商品購入時に使われるプラスチック製レジ袋の無料配布を禁じる法令を制定すると表明した。毎日
 有料にしたらたしかに減るだろう。だがどれぐらい減ると思っているのだろうか?その答えは記事にはない。

 真剣に考えていると思わせる表現を記事に載せる。
環境省は法制化に向けて今後、関係省庁や関係団体などと具体的な協議に入る。ただし、違反事業者に対する罰則規定をどうするか、石油以外で植物由来のプラスチックも含めるかなど課題もある。現行の容器包装リサイクル法は、レジ袋などを年間50トン以上配布する事業者に使用削減の取り組み状況を国に報告する義務を課し、小売業者には有料化などで配布量を抑制するよう求めているが、努力規定に過ぎないため、実効性に問題を残していた。

 原田環境相は「今回示したのはあくまでも『環境省案』。事業者を一律に対象とするのは難しい面もあるが理解が得られるよう努力していきたい」と述べた。
 すでに殆どのスーパーなどでは有料になっているし、可能な限り複数回使っているし、逆に必要な場合は躊躇無くレジ袋を使っている。これ以上使用量が減るとは思えない。

 高い給料をもらっている大臣や高級官僚が考えることかと思う。

 もっと大事なことは、プラスチックゴミの量の問題だ。こちらの資料を見れば実情がよく分る。

 まず日本で出るプラスチックゴミは940万トンだ。ペットボトルが29万トン、レジ袋は数十万トン。ほんの一部だ。
 しかも、プラゴミの多くはリサイクルか焼却されている。海洋投棄は最大6万トンで、世界で見ればごく一部だ。

 この状況の中で、今話題になっているプラゴミによる海洋汚染が、日本の殆ど焼却されているレジ袋の、しかも殆ど有料化されているものを完全に有料化して、どれだけ減るのか、具体的なトン数で表現してもらいたい物だ。それが言えないのであれば、給料を返して欲しいと思う。

 こんな事をしていたら、こう思うだろう。「おまえの頭はゴミで出来ているのか」と。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック