元号のなんちゃらはエイプリルフールか

 閣議で決定されたという元号は国民に示す前に皇太子に報告したという。日本は国民主権であり、象徴天皇ではなかったのか?これでは皇太子主権、国民主権象徴ではないのかと、突端かな蹴飛ばされた感じだった。

 何故そうしたのか、記者も聞かないし発表もない。気持ちの悪いこと。

 そして発表された漢字は、命令の令だ。政令で決めた令和なんて悪夢のようではないのか。
 
 元号は普通国が発展することなどを祈る物だ。災害があれば改元して国の将来を安寧にすることを願う。そういったものだ。令と言う文字は今まで使用されたこともなく、この一字を持って国の何を祈るのか?その説明はわずかだった。

 万葉集の歌の解説文にあるという。令については令月なるものがありこれを取ったという。令には令息、令嬢など良いとの意味があり、令月は梅の咲く良い季節だという。
 そう言ったことは分るが、この字は佳い字なのだろうか?私の感性には合わない。

 令月は2月の別称らしい。令の字はこちらによれば頭上の冠の象形の下にひざまづく人の象形らしい。それが何故佳いと言う意味に転じたのか、まだ知らない。
 だが令月の用法は日本初ではなく中国から来ていることは明らかなことらしい。万葉集の解説にもあるそうだ。日本の文献にもあるぐらいにした方が恥をかかなくて良いと思うのに。

 この年号は普通このように取る。国が命令し国民は逆らわず和やかにせよと。今の政権にぴったりではないか。

 もう一つ着目すべき所は、記者会見と称する物だ。
 官房長官は質問を受け、質問の中心から外れたことを述べた後に、質問には答えられないと返答した。やらせ質問なのにふざけすぎていると思うが、一応答えられないと答えた所はましだ。
 それにくらべ、総理大臣は質問通告があるはずなのに、質問と全く違ったことを長々とだべる。これこそ令和を象徴する振る舞いではないのだろうか?

 余り国会を見ない人たちも、日本の総理大臣は質問に答えず、勝手なことをしゃべる不思議な人だと理解できた貴重な機会だったと思う。

 今日はエイプリルフール。この元号に関するなんちゃらがエイプリルフールであることを祈るのみだ。
 なお元号法によれば、皇位継承に際して元号が代わるらしい。皇位はまだ継承されていないから、まだ撤回できるよ。

追記1 テレビで散々特集しているが、ここまで忖度が激しい国民だったのか?これはマスコミの編集なのか、マスコミの忖度なのか?私には日本の劣化としか見えない。
 追記2 れいわの読みは良いとしよう。でも漢字はこれでどうだ。礼和 オリンピックに向けても良いと思うがね。
 BBCでは order and harmony. と訳された。良いのだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック