安倍晋三の後継者は小泉進次郎だ

 何とも素晴らしい発言だと思う。
「国会を変えなきゃいけないとの思いを込めた賛成だ」と記者団に説明。ブーイングを浴びたことには「色々な議員が賛成票を投じたなかで、私だけにブーイングをしてくれるというのは名誉のブーイングだ」と語った。朝日
 「国会改革を訴える小泉氏は当初、法案に慎重な考えを示していた」という。また「(定数増を)容認することはできないが、しぶしぶ賛成する」と言っていたともいう。思いを素直に違う行動に移せるところなど、大物だ。
 またいろんな意味で注目を浴びることを素直に喜べるところも素晴らしい。またそれを名誉と感じられる感性もこれまた素晴らしい。

 こういった所が安倍晋三を継ぐ資質と言えるだろう。
 議員たちはこれからも期待をするのだろうか?国民はどうなのだろうか?

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック