真面目な憲法論議にしよう

 自民党総裁は内容は変えないが明文化するという。だが自民党の改憲案は内容が大きく変化している。だが新聞でも、自衛隊を書き込むだけで9条2項は維持すると称する。こんな嘘を垂れ流すメディアは退場が必要だが、それではメディアは無くなってしまう。

 硬直的に憲法を改定しないのはおかしいと思う。しかし私の検討結果はこうだ。憲法の内容を検討すれば、現行憲法が最適だと。結果的に改正なしになるだけのことだ。

 自民党が自衛隊を解釈だけで運用することは駄目というが、解釈だけで問題を生じているのは2点。
 総理大臣の恣意的衆議院解散と国会議員の開会要求期限なしの是正だ。しかしこのどちらもきちんと解釈すれば問題はなく、恣意的解散権などないし、常識の範囲での開会が普通だ。しかし、恣意的解釈を防ぐために改憲が必要なのか?
 これはバカ退治の一種だが、悲しい改憲だ。

 自民党の意見を聞いているとよくぞここまで馬鹿なことが言えると思う。日本を戦争の出来る国にする議論の方がよっぽどましに聞こえてしまう。私は反対だが。

 こんな事を考える。現行の9条を活かすためには、日本は医療大国、介護大国、食糧支援大国を目指すべきだ。医者などを各国に派遣すれば自動的に日本を侵略する国は無くなると私は思う。
 自民党は戦争が出来る国にしたいから9条を活かした政策をしない。この現状から進歩したいものだ。

この記事へのコメント

2018年05月05日 15:51
私も絹布を変える必要はないと思います。
自衛隊、存在を共産党さえ違憲とは言わないご時世に自衛隊を明文化する。安倍さんの問題意識の低さにはうんざりです。
2018年05月06日 01:22
一般人 さん
確かにうんざりです。

この記事へのトラックバック