名誉校長と未必の故意

 のんべんだらりと国会中継を見ていたら、安倍首相が大変な事を言ったと思った。

 NHKが問題ないと思って書いているのだろうがこんなことだ。
共産党の辰巳孝太郎氏は、安倍総理大臣夫人の昭恵氏が、森友学園が開校を計画していた小学校の名誉校長を一時務めていたことについて、「安倍総理大臣は、『国との交渉が有利になることはない』と過去に言っているが、昭恵氏はご自身の影響力を十分理解したうえで行動している」と追及しました。
これに対し、安倍総理大臣は、「名誉校長になれば、学園の信頼性を高め、多くの人がそこの趣旨に賛同するかもしれないというのは、私もそのとおりだと思うし、妻もそのように理解していたと思う」と述べました。
そのうえで、「妻が名誉校長を受けるべきではなかったと思うし、その点は反省しているが、あくまでも名誉校長であり、国有地の売却や学校認可の手続きに関わっていない。また、妻が名誉校長を務めているところはあまたの数あるが、今まで行政などに影響を及ぼしたことはないと考えている」と述べました。
 名誉校長になれば小学校が進捗すると総理も夫人も考えていたという。直接斡旋しなかったとしてもうまくいくことを望むという。そして多くの人が勝手にそうなるように進めると思っていたと。

 刑法で未必の故意はこう言われている。
確定的に犯罪を行おうとするのではないが、結果的に犯罪行為になってもかまわないと思って犯行に及ぶ際の容疑者の心理状態。殺人事件の場合、明確な殺意がなくても、相手が死ぬ危険性を認識していれば、故意として殺人罪が適用される。
(2008-10-02 朝日新聞 朝刊 1総合)
 この流れを今回の件に当てはめるとこうなる。
 確定的に小学校建設を働きかけたのではないが、結果的に安価な国有地払い下げ等により小学校建設がスムーズにいけばよいと考え名誉校長を引き受けていた。明確な意志がなくても不適切な払い下げがあり得ると認識していれば故意と認定出来る。

 名誉校長になる意味を上記のように認識していたとすれば、明らかに未必の故意があったと認定出来、責任は免れないと思う。それを認めた発言だから重要なことだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年03月27日 18:20
安倍さんはロジカルでないので、こうゆう発言を平気でします。早く退陣して欲しいも尾です。
自民党員になって、石破さんに投票するったのもありかも。(笑)
安倍さんは改ざん資料では秋絵夫人の発言は伝聞で信用できないと言い、自らは妻はこう言っていると伝聞を押し付ける。
2018年03月28日 01:35
一般人 さん
安倍さんが論理的でないのは困ったものですが、それをうまく追求しないと退陣しないですね。

この記事へのトラックバック