日航機墜落の闇を思い起こそう

 日航機墜落の33回忌を詳しく各メディアは報道している。だが、墜落現場の発見に何故あれほどの時間がかかったのかについて触れる報道は一切無い。

 米軍が飛行中の日航機を目撃していたとかの情報もあったらしい。地上においても早い段階で自衛隊が山に入ったとの情報もあるらしい。墜落地点が複数発表されて右往左往したとの話もある。

 いまさらすぐには謎が解明されるとは思わないけれど、謎がないとすることは、あの悲劇を忘れさせようとしているような気がする。

 その事をさらに強く思うのは、今の政権が隠しまくっている多くの事項があるからだと思う。日米間にいくつもあると言われる密約なども含め、情報について思い起こす夏だと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック