イージス艦はどこへ行く?

 最近エントリーが減っている。
 議員たち、あるいは政府のトップに近い人たちのおかしな話がいくつもある。靖国に行った人もいるし、最悪の共謀罪も審議入りしたようだ。森友問題もメディアの腰が引けてきて話題にもならない。

 そう言ったことを書いても良いのだけれど、どれを書いても繰り言になりそうで暗くなるばかりだ。そう、前に書いたなとデジャブに襲われるわけだ。

 国家秘密法反対、戦争法反対、共謀罪反対は言い飽きた感もある。

 今日はこの記事だ。
アメリカの空母を中心とする艦隊が朝鮮半島の周辺海域に向けて航行しているのに合わせて、21日朝、海上自衛隊の護衛艦2隻が長崎県の佐世保基地を出港しました。今後アメリカの空母と合流して共同訓練を行うことが検討されています。

海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」の2隻が21日午前8時ごろ長崎県の佐世保基地を相次いで出港しました。NHK
 NHKは散々緊張感が高まっていると連呼しているし、弾道ミサイルが飛んできたらどうするなんてのも声を大にして言いつのっている。そしてミサイル防衛の要がイージス艦であると言っていたはずだ。
 「あしがら」と「さみだれ」はどんな船だろうか?

 「さみだれ」はむらさめ型護衛艦の6番艦。艦名は旧日本海軍の駆逐艦名だ。
兵装はこんなものだ。
62口径76mm単装速射砲 1門
Mk15 MOD12 高性能20mm機関砲(CIWS) 2基
90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)/ハープーン4連装発射筒 2基
Mk41 MOD6 VLS 16セル(VLA SUM)
Mk48 MOD4 VLS 16セル(ESSM 短SAM)
68式3連装魚雷発射管(HOS-302) 2基
   wikiによる。
一言で言えば対空装備付駆逐艦だろう。

 そして「あしがら」はあたご型護衛艦の2番艦。艦名は足柄山に因み、旧海軍の妙高型重巡洋艦の3番艦「足柄」に続き、日本の艦艇としては2代目。こちらは重巡の名前だから格が上だ。
 そしてその装備からあたご型ミサイル護衛艦(2隻就役中)満載排水量 10,000 tである。

 非常に緊張感の高い中、その間隙を縫っていつ来るか分らないアメリカ空母と訓練をする自衛艦だ。日本を守るよりアメリカ艦艇を守りつつ訓練をするほうを優先する自衛隊だ。そんなものを歓迎出来るのだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック