自民党閣僚の白紙領収書問題

 白紙領収書問題があると言っていたが、その中身を認識した。あきれかえるものだ。
稲田大臣は白紙の領収書をもらい稲田氏側で金額などを書き込んだものだと認め、政治資金パーティーでは「互いに面識のある主催者と参加者の間では主催者側の了解のもと、参加者側が記載することがしばしば行われている」などと説明しました。TBSニュース
 これと同様の説明を管官房長官、高市総務大臣も行った。
稲田大臣は、「これからどういった形でできるか検討してまいりたい」と述べましたが、同様の問題を指摘された菅官房長官は「政治資金規正法上、政治団体が徴収する領収書に際して発行者側の作成法についての規定はなく、問題ない」などと答弁しました。
 答弁は強気で行うを実践しただけだ。

 稲田氏はもっと面白い事を言った。政治資金パーティーの受付で封筒などをあけていると渋滞するので白紙領収書をもらうと。なんと中身が分らないのに了解されていると言うのである。例えば事務局のミスでお金を入れ忘れたとしても白紙領収書がもらえ、提出が出来るというわけだ。

 これと同様のことを所管大臣である総務大臣も言うのである。日本が法治国家であるとの認識は改めた方がよいのだろう。
 自民党の偉いさんは法律を守る気がないそれが証明されたわけだ。

 そして今のところNHKは報道しない姿勢のようだ。

この記事へのコメント

2016年10月07日 15:59
「税法上の領収書と政治資金規正法でいう領収書は異なる」ということらしい。
世間の常識とは違う。自民党の国会議員は江戸時代の悪代官のようですね。
2016年10月07日 17:03
一般人 さん
確かに法律の定義にそうことは必要でしょう。
しかし、普通は同じようなものと見なすわけで、マニュアルには追加しては駄目と書いてあるそうです。
ステラ
2016年10月09日 01:01
法治国家云々と言うのなら、少なくとも白紙領収書の何が違法なのか具体的に指摘すべきでしょう。

この記事へのトラックバック