常設の統合司令部は大本営?

 どんどん近くなっているの?
この中で、中谷防衛大臣は、「平成17年度に統合幕僚監部を新設して以降、陸海空の自衛隊の統合運用の強化に向けた施策を推進してきた。わが国を取り巻く安全保障環境が一層厳しさを増していることを踏まえれば、統合運用の重要性はますます高まっている」と述べました。NHK
 三つの軍を統合的に運用する必要は当然ある。ただ、問題はシビリアンコントロールが出来ているかだ。

 近年制服組を自立的に行動させろ、背広組の支配は真っ平だなんて声が聞こえる。大臣なり首相はどこにいるのだろうか?制服組のすぐ上にいるのだろうか?それが最大の問題だ。

 例えば大臣や首相が背広組の上にいて、制服組は勝手に動くのではシビリアンコントロールは失われる。

 かつての日本では制服組は天皇に直属すると称して何者の支配もはねのけたのだが、今はどう思っているのだろうか?

 それともう一つ重大なことがある。それはマスメディアへの透明性だ。
 現状の日本の報道に自由度は限りなく低いという。それを考慮すればすでに「大本営」状態ではないかと春の夢をみそうだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック