「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏は良心の囚人である

 婦女暴行罪で国際手配と聞いたとき、即「別件でしょ」とテレビでコメンテーターは言った。それ以外のことを考える人は少ないと思う。
英ロンドン警視庁は7日、スウェーデン国内で知人女性2人に性的暴行を働いたなどという訴えに基づいて国際指名手配されていた内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ容疑者(39)を逮捕したと発表した。


 発表によると、アサンジ容疑者は7日午前(日本時間同日夜)、ロンドン市内の警察署に出頭した。容疑を全面的に否認している。読売
 WIKIによれば
良心の囚人(りょうしんのしゅうじん)とは、国際的民間人権擁護団体アムネスティ・インターナショナルが提唱している用語で、非暴力であるが言論や思想、宗教、人種、性などを理由に不当に逮捕された人をいう。
 である。

 アムネスティーは彼を良心の囚人と認定するべきだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック