大政翼賛新聞は消費税を薦める

 各社の税制に関する社説だ。そのすごさに脱帽。

税制改正大綱―帳尻合わせは限界だ
菅政権が消費税の引き上げを含む税制の抜本改革の全体像を描けていないため、財源確保のめどすら立たず、国民が負担を分かち合う構図も見えてこない、ということだ。  朝日

社説:税制改正 もう継ぎはぎは限界だ
一方で、間もなく団塊世代がすべて高齢者となり、年金や医療にかかる歳出は加速度的に増加する。消費税の引き上げを含む税の抜本改革は待ったなしだ。毎日

税制改正大綱 消費税抜きで改革はできない
消費税論議が政治的に「封印」された結果、抜本改革の全体像が見えない中で右往左往している印象だけが残った。
同時に、民主党の参院選惨敗で後退した消費税議論を本格化することが欠かせまい。読売

税制改正大綱 この増税は納得できない
このように来年度改正が表面的で体系的議論を欠く結果に終わったのは、言うまでもなく消費税上げを封印したからだ。産経

経済と財政の再生に宿題残す税制大綱
中途半端な改革しかできない最大の理由は、民主党政権が消費税率の引き上げという課題を避けたからだ。日経

 国民は消費税反対で一致するべきだ。税金はお金が余っているものから集めるべきだ。高所得者、大金持ち、そして給料にも投資にも回さない企業の余剰金、そんなものは投資マネーとなって世間に迷惑をかけるだけだ。

 大政翼賛メディアに負けてはならない。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック