飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成23 年度税制改正大綱

<<   作成日時 : 2010/12/17 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 平成23 年度税制改正大綱が閣議決定されたそうだ。現物はここ
 その内容はこんな事
それによりますと、企業に対する課税の見直しでは、国と地方をあわせた法人税の実効税率を5%引き下げるほか、中小企業の法人税率を軽くする特例措置について来年度から3年間、現在の18%から15%に引き下げます。さらに、雇用を一定の数、増やした企業の法人税を軽減する「雇用促進税制」を導入することにしています。また、地球温暖化対策のための税、いわゆる「環境税」を来年10月から段階的に導入し、平成27年度には2400億円程度の税収を確保する見通しです。一方、個人に対する課税の見直しでは、23歳から69歳の親族を扶養している場合に所得税と住民税が軽減される「成年扶養控除」について、原則として年収568万円を超える人は控除の対象から外します。また、サラリーマンの収入のうち一定の割合を必要経費とみなして課税対象から差し引く「給与所得控除」は、年収1500万円を上限とし、これを上回る分は控除の対象から外します。さらに、相続税では、税を課さない枠を40%縮小し、非課税の枠は3000万円と相続人1人当たり600万円とします。NHKニュース
 この紹介で抜けているのは法人税の課税対象の拡大だ。大綱を読んでも難しくてわかりにくい。NHKはそれを口実に省略しているのだろうが、ここは本来の焦点だった。政府は課税対象議論より、企業の努力に期待する方向に行ったのか。首相の言葉を引用する。
平成22年12月16日、菅総理は総理大臣官邸で、平成22年度第24回税制調査会(会長=野田佳彦財務大臣)に出席し、野田会長から平成23年度税制改正に関する答申の手交を受けました。

 菅総理は、あいさつで、「この20年間日本の成長が残念ながら止まり、社会の低迷が続いている中で、今回は、雇用と成長ということに力を入れての、予算もそうでありますが、税についてもご議論をいただいたところであります。

 そういった中で、法人税についても、単に法人税を下げるというのではなくて、その法人の皆さんには、そのお金で雇用を拡大する、あるいは、給料を上げる、あるいは、国内投資を増やしていく、そういうことについても、しっかりと、合意と言いましょうか、理解をいただくという中での税制改正との一体の動きだと、このように理解をしております。

 また、生活が第一という我が党の基本的な理念を実現するためのいくつかの税制改正、その中でも、格差の是正、ややもすれば、この5年、10年、格差が拡大する構造が深まっておりまして、そういう点では多少、お金に余裕のある皆さんには、相続税とか他の税でも負担をいただくけれども、それが結果として雇用につながり、結果として正規社員の拡大につながることによって、格差の是正が総合的に図られるものと、理解と期待をしております。

 いずれにいたしましても、いよいよ税制改正の答申をいただきましたので、これに基づいた中での最終的な予算の編成も来週中には、まとめ上げていきたいと思っています。」と述べました。菅総理の動き
 企業の理解が得られなければ来年の制度検討の際に考えるとは少し前の記事にあった。「お金に余裕のある皆さん」への課税は良くないとのプロパガンダも出始めている。だが首相の言葉だけで判断すれば、雇用、給料、投資をターゲットにして法人税減税を行う戦いを政府が行っているように見える。それを信じるかは各々の判断だ。

 企業に利益が出れば法人税も増えるという。雇用も確保できる。富裕層に負担をして欲しいという。国民はこれを要求項目として政府に言い続けるべきでしょう。貧困層にも負担を押しつける消費税が有るべきものではないとも言い続けるべきでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★仙石長官の発言を甘受する自民党県連の面妖?★官房機密費の見返りが疑われる。
★仙石長官の発言を甘受する自民党県連の面妖?★官房機密費の見返りを疑われる対応。 ...続きを見る
★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ...
2010/12/17 21:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平成23 年度税制改正大綱 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる