飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 年越し派遣村に関して

<<   作成日時 : 2009/01/03 23:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 7

 ボランティアの皆様ご苦労様です。私は東京から余りに遠いので参加せずにいます。そうした状態でこれを書くのは気が引けるところもあるが、余りにもおかしい話なので、派遣村およびその周辺について書きたい。年越し派遣村参照

 一つの見方は今回の派遣切りをする経営者たちの言葉だ。「企業が派遣をきるのは企業論理が正しいとすれば当然の事だ。派遣切りされた失業者を救うのは政府の仕事だ。」とね。
 そしてもう一つ言わないけれど、困窮者を救うのは慈善団体の仕事だと。これはアメリカなどのキリスト教国では、キリスト教が慈善事業をすることが多く、そこへの寄付を企業や金持ちが行ったりする。それが一つの社会での再配分だとの合意があるのだろうと思う。
 日本にそれはない。にも拘らず人を切るのはどうだ?
 そして今回の派遣村は寄付とボランティアで成り立っている。

 キリスト教の普及していない日本では困窮時は国民の助け合いと権力側の救済があった。また心ある大商人などの活躍もあった。
 今は派遣村が依頼して初めて政治が動き出す。そもそも派遣村は正月を越えるために2008年12月31日(水)午前10時〜2009年1月5日(月)の間日比谷公園を借りているものだ。その時点で日比谷公園を管理しているものは公園を貸すことを許可しているし、行政が何をするべきかは分からないといけない。

 そのような動きの中で東京都も国も何もしなかったことが、政治の任務放棄を示している。民主党や社民党が視察に訪れようとも、可能な限りの救済を考えて実行しない限り、行政側と同じ事だ。全国には衆議院選挙用に借りた選挙事務所が使われずにあるはずだ。東京都内にあるそれらを使えばかなりの数の人が収容できるだろう。
 政治家は本当にこのボランティアの人たちの気持ちを分かっているのか?そして政治がこのようなときに機能しないのであれば存在価値はない。そしてそうであるならば国民は税金を払う必要がないことを示しているのだ。

 国民の税金は企業が勝手なことをやる後始末をするためにあるのではない。税金は国民のためにある。

 役所が開けば、多くの人が生活保護を受けに役所を訪れるだろう。役所は手続きが整うまでの間つなぎ生活費を出すだろうが、それで何時まで持つだろうか?早く手続きを進めてほしいものだ。
 その結果生活保護費が不足し、地方自治体が悲鳴を上げるだろう。その時に国は何らかの補助をするだろうか?もし国が補助をしないために役所が生活補助を渋るようならば徹底的に抗議しなければならない。
 内部留保を溜め込んだ大企業に負担を求める事もしなければならない。単にパフォーマンスとしての依頼などでは収まらない。

 国が国民を守る姿勢を見せるかどうか、よく見ていないといけないだろう。そしてそれをせず国民を見捨てる国だとしたら、まずは解散総選挙を要求し、国民のために働く政治家を選ばないといけないだろう。

 派遣村、失業者、生活困窮者、高齢者をどう扱うかは、政権を担う資格があるかの試金石である。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
年越し派遣村
昨年の暮れに急遽作られた年越し派遣村ですが続々と集まってきて今は400人を越すと言われています、東京の日比谷公園でテント生活の方と厚生労働省の講堂を使用している人達、その他各地でも同様な事がおきています。特に厚生労働省の講堂を利用している方々は明日からは使えないということです、この寒空に外へ退去しろというのですか、もう無茶苦茶になりつつ有りますね。その中でもニュースで言って居ましたが、170人の方が生活保護を申請するそうです、昨年の暮れにも広島県で数は忘れましたが多くの方が生... ...続きを見る
日々の出来事
2009/01/04 16:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
あまりにも幼稚な考えなのでコメントします。
>政治の任務放棄を示している。

あなたの思っている任務と向こうの考えている任務が違うのです。それを認識する必要があるでしょう。
>政治がこのようなときに機能しないのであれば存在価値はない。

それはあなたの政府とはこうあるべきだとのただの1見解です。

>税金は国民のためにある。

政府はそうは思っていません。

>国が国民を守る姿勢を見せるかどうか、

国家、権力側は国民は奴隷と思っているのです。それが理解できませんか。

>国民のために働く政治家を選ばないといけないだろう。

そんな人は一人もいないでしょう。当初は理想に燃えていても権力者側に立つと変わるのです。

>試金石である。

現実をクールに見て、本質を見抜く目がなければ正しい答に行きつかないでしょう。
クール
2009/01/04 10:18
あけましておめでとうございます。
さて、いきなりですが、上記の、飯様の昭和初期の大恐慌のころのご認識は、いささか違和感を覚えました。といっても、もちろん、私が生きていたわけでもないし、根拠とするものは書物でしかないのですが、昭和初期には、セーフティネットは存在せず、頼りになるものは頼母子講や、寺の慈善事業程度で、東京から田舎に歩いて帰る途中に行き倒れで死んだ人も多数いたことは事実だと思います。小林多喜二が「蟹工船」を書いて官憲により惨殺されたこと、また、「蟹工船」は、フィクションではあるけれども、資本の本質を克明に描いていることも、今、目の前で行われていることを重ね合わせると、事実だと思います。よく、ベルリンの壁崩壊は、社会主義の非効率、無駄遣い、敗北といったようなしたり顔の、経済学者や評論家、政治家がいますが、それは、あまりにご都合主義過ぎる。来るべき総選挙は、今の政権与党を下野させ、国民主権に立ち居地を置く政党に政権を握らせなければならないと思います。現有議席の多寡は関係ありません。
カタカナサヨク
2009/01/04 12:46
クール さん コメント有難うございます。
今の政府がとんでもないとの認識は私も変わりません。
どうせ権力は駄目だと主張しているのなら、あなたはどうするべきだと思うのですか?
カタカナサヨク さん
私が言っているのはもっと古い時代です。
国民主権に立ち位置を置く政党、これが難問ですね。

飯大蔵
2009/01/04 21:29
あれっ、もっと感情的反発があると思ったら冷静ですね。失礼しました。

>どうせ権力は駄目だと主張しているのなら、あなたはどうするべきだと思うのですか?

まあこれが真理、事実なのですが理解できるかな。
あなたが心優しい人になり、心優しい行動をすること。10人優しい人が増えれば10人分世界は優しくなり、百万人増えればその分だけ世界は優しくなる。
あなたは世界の一部であり、一部が合わさって世界となる。
これがわかれば政府がどうだとか下らぬごたくを並べず、黙って行動する。外部世界を攻撃しても混乱と不幸は収まらない。



クール
2009/01/05 10:03
クール様
おっしゃることはごもっともです。しかし、この国の馬鹿で幼稚な政治家とキャリア官僚連中は、行動で示さないと理解できないほど頭が悪いことも事実です。
カタカナサヨク
2009/01/06 12:18
「年越し派遣村」を罵倒し、派遣社員の自己責任論をぶつ輩がいると聞く。現実社会で、どういう発想をしているんだろう?イラクへの自衛隊派遣のときといい、政権与党に都合が悪くなると、集団で集中砲火的に出てくるこの論理。思考停止と狭い島国根性を晒していることに気づかないところが不憫になる。こんなのが「世論」として画一化されるとは、民度が小学生といわれても不思議ではない。
カタカナサヨク
2009/01/12 15:57
カタカナサヨク さん
そういう連中がいるのは事実でしょうが、「世論」とはならないと考えたいですね。
飯大蔵
2009/01/12 21:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年越し派遣村に関して 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる