与党の景気対策他

 麻生首相は経済対策をすぐにやらないといって解散を遅らせたが、その対策は来年回しとなった。与党はさらに雇用対策をまとめたようだ。
■与党の新雇用対策の骨子

・契約満了前の派遣労働者を直接雇用した派遣先企業に、1人あたり100万円(有期雇用は50万円、大企業は半額)を支給(3年で10万人)
・雇用保険の非正規労働者の加入要件を緩和。失業手当の給付期間も拡充
・「ふるさと雇用再生特別交付金(仮称)」を拡充し、地域ごとに安定雇用を創出する(3年で10万人)
・「緊急雇用創出事業(仮称)」を創設し、地方自治体が失業者らを対象に一時的な雇用機会を創出する(1年で15万人)
・社員寮を退去させられた離職者らに、住宅の入居初期費用を貸与。雇用促進住宅(約7万戸)も活用
・福祉や介護分野で職業体験を行い、人材の参入を促す
・内定取り消しについて企業への指導を徹底し、悪質な場合は社名を公表
・内定を取り消された学生を雇用した企業に、中小企業は1人100万円、大企業は50万円を支給
  朝日
 この対策も国会を通らないとだめなのだろうか?今日の国会でも正月が迎えられない失業者を救えと声が上がったが、麻生首相は正月までにやるとは言わなかった。
 どんなに立派な経済対策を力んで叫んでみたところで、時機を失したら何の意味も無い。そうなるだろうと多くの人が予想してしまっている。麻生政権自体が政治的空白そのものだと菅直人は言う。

 かつて自民党が野党になった時に、議員が流出して自民党が無くなると恐れられた。しかしその結果自民党に似た政党が多数出来たのだから、それは成功だったのかもしれない。
 それと同じく来年は新党が数多く出来ると予想している人もいるみたいだ。自民党が総選挙に負ける事を予想して言っているのだろうか?

 そしてそれに対して、民主党が勝つとの予想がどんどん硬くなっていく事だろう。しかし、以前その代表が言ったように「政権担当能力」は本当にあるのであろうか?今日の国会での年金問題追及を見て改めて思ってしまった。
 民主党はミスター年金をはじめ年金問題の追及は厳しい。対する政府はすでにどうにもならないところに来ているから、言い訳も難しい。
 しかしながら、もし政権交代が起こればいやおうなく年金問題を引き継がねばならなくなるのだ。

 今日質問していたのは、裁定が出来て追加支払いとなったものが手続きが混んでいて、半年たってもまだ出来ない事だ。確かに不祥事でとんでもない事だ。待っている間に亡くなる人もいるだろう。
 しかしそれを引き継いで、同じ質問を野党となった自民党から受けて、持つのだろうか?もうこの事を頭に描いて質問する時期だと思う。もっと建設的なことを提案し、前向きに国民のために進めるべきだろうと思う。昔のミスター年金はそのようにやっていたと思うし、政府は横を向いていたから、腹も立ったのだが。

 ニュース23で言っていたが、多くの人がこの年末に失業すると報道されている。政府も民主党も熱意と言うか熱心さと言うか危機感と言うかそういったものに欠けている。

 民主党の本当の名前は政権交代党。政権をとるためだけに集まった政治家たちの集まりが民主党なのだ。だから、基本的な政策がばらばらでも政党が維持できる。政権をとれば政党は政権維持のために保つだろうが、政策はどうなるのやら。
 とりあえず政権担当能力が無いかもしれない民主党に勝たせるにしても、その後を考えておかねばならない。二つしか選択肢が無いのは国民にとって不幸だし、そうしなければならない理由も無い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年12月06日 10:54
こんにちは。
民主党が麻生や安倍・小泉内閣より政権担当能力がないとも思いませんが、自民党の方が政策通が多いのは確かでしょう。
中連立で政策通を取り込むか、破壊された官僚機構の中から、優秀な頭脳を起用するとか、長期政権を望むならそれしかないでしょうね。
2008年12月06日 22:19
ましま さん
比較の対象に福田政権も入れて、その通りでしょうが、これは相対比較です。
政策通は必要でしょうけれど、さらに重要なのは判断力と国民への愛情でしょう。冷静な頭脳と熱い心です。
民主党の中にもいると信じている人たちが活躍する事を祈るばかりです。
ロケットの夏
2008年12月08日 21:36
来年度1万なんぼ貰うより、あしたの食扶ちですよ。せっかく政権を握っているのだから、超法規的な救済策が取れるのではないかと思いますが。
2008年12月09日 22:22
ロケットの夏 さん
政府はやりたくても出来ないのか、やる気が無いのか・・・何もしないことでは福田政権以上かもしれませんね。
カタカナサヨク
2008年12月22日 05:36
ロケットの夏様
政府与党の大臣や主流派に属する政治家、それに経済財政諮問会議の委員、財務省・厚労省のキャリア官僚には、人間性の劣化が著しく、そこまでの想像力がないのかもしれませんね。テストの点数を取ることだけはプロかもしれないが、知識を生かすことができない。不幸せな国ですね。
2008年12月22日 20:25
カタカナサヨク さん
首相や主流派の政治家はやりたい方向の政治をしているだけだと私は思いますよ。ポーズなり言い訳と紛れているだけかな?

この記事へのトラックバック

  • 【日記】改正国籍法成立を振り返って

    Excerpt: ここのところ、国籍法改正関係で、他のかたのブログにコメントさせていただいたり、衆議院法務委員会審議、参議院法務委員会審議をネットで見たり、国籍法3条1項違憲訴訟判決を見たりしておりました。 12月5.. Weblog: 散策 racked: 2008-12-06 14:29