新自由主義に切り込んだサンデーモーニング

 新自由主義に切り込んだサンデーモーニング年末SP、よくやった、すばらしい番組であり、その勇気をたたえたい。gooの番組紹介を引用しておく。
サンデーモーニング年末SP
12/30(日) 08:00 ~ 11:24
毎日放送

1部▽暴動が拡大…ブット氏暗殺と核▽異例の歓迎で福田訪中▽薬害肝炎の課題▽真央vs美姫▽07年のベスト喝・あっぱれは2部▽“格差と環境”…人類二大危機の原点▽中東ドバイ繁栄の陰▽島消滅?北極海異変▽漱石が見た格差とは▽グローバル化と日本▽世界の声

浅井信雄 田中優子 江川紹子 寺島実郎 涌井雅之 金子勝

関口宏 サンデーモーニング・年末SP◇放送枠を2倍に拡大して送るスペシャル。前半は「ご意見番の喝!」などレギュラーコーナーを中心に構成。後半は"グローバリズムと温暖化"をテーマに送る。世界を席巻するグローバリズムの波。そのすさまじい市場原理主義は、深刻な格差や貧困問題を生み出している。また、激しさを増す人間の経済活動は環境にも甚大な影響を与え、温暖化の背景になっている。今、世界が直面する2大テーマの接点を探りつつ、この危機をどのように乗り越えていくべきかを探求する。司会は関口宏。
 地球環境問題から入り、資源争いに続き、その大きな要因として新自由主義に切り込む。
 アフリカのタンザニアビクトリア湖での産業化と生活の破壊を描いた映画を紹介し、象徴的に自由経済と自然破壊と生活破壊を語る。
 19世紀イギリスの産業化と格差と環境破壊を見聞した夏目漱石を語る。
 ミルトンフリードマンからレーガン、小泉と続く新自由主義。一部が富み、それがすべてにいきわたるとした事が偽りであると語る。
 最後にマハトマガンディーの言葉で結ぶ。

 残念ながら録画していなかったが、この番組は記憶されねばならないものだ。もし可能であればネット上に流れるべきだと思う。

 最近の私は追及してきたテーマとかなりのところ重なるものだと自賛したい。そこで語り足らなかったのは、どうすればこの悪事から抜け出せるのかとのテーマだ。南米での脱アメリカの動きや、間違ってはいるがイスラムの反乱、そして日本はどうするべきか、語られるべき事が多く残されている。

 次回の特集を期待したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロケットの夏
2008年01月01日 17:50
 毎週見ているのですが残念な事に最初の2時間しか録画してなかったので後半に尽いてはコメントできませんが、あの番組の良いところはコメンテーターが比較的まともな人達である事だと思います。(スポーツは別にして)
30日の番組で印象に残ったのは「良い軍隊、良い戦争と言うのは有り得ない」と述べたコメンテーターのひと言でした(残念ながら名前は判りませんが)
2008年01月02日 21:30
ロケットの夏 さん
いつもより長い特集だったから、録画が切れたのでしょうね。残念。

この記事へのトラックバック

  • カイカクにまだまだご用心

    Excerpt: 年末の、そして日曜日の朝、正月準備にひたすら手を動かしながらテレビを聞いていました。  関口宏さん司会のスーパーモーニング。  いろいろあるワイドショーの中で、一番まし�... Weblog: とむ丸の夢 racked: 2007-12-31 11:18