IPCCの報告は確かだろうか。

 ノーベル平和賞を貰ったもう一つがIPCCという機関だ。日本語では「気候変動に関する政府間パネル(ipcc)」と言い、国連の機関だ。
IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change)とは、国際的な専門家でつくる気候変動に関する政府間パネル(政府間機構)のことで、地球温暖化についての科学的な研究の収集、整理のための、国連環境計画(United Nations Environment Programme:UNEP)と国連の専門機関である世界気象機関(the World Meteorological Organization:WMO)が1988年共同で設立した。現在は、地球温暖化に関する最新の知見の評価を行っている。
IPCC WIKI
 そのHPがある。

 メンバーを見ると各国にまたがっており、欧米に偏っているわけではない。日本人科学者はそこにはいない。インヴェントリーというタスクフォースに日本人はいるが、メインのテーマではなさそう。

 気象庁のHPに解説がある。そこからIPCC第4次評価報告書第1作業部会報告書政策決定者向け要約(2007,確定訳) を読むことが出来る。

 今回の結論を得た部分を引用する。
気候変化の理解と原因特定
本評価報告書では、第3次評価報告書以来の研究に基づき、より長期にわたる改善された観測記録、観測範囲の拡大、気候とその変動性に関する多くの側面についてのシミュレーションの改善を考慮している。本報告書ではまた、観測された変化が、外部強制力への応答として予想されたものと量的に一致するか、物理的に妥当なそのほかの説明と不整合かどうかという観点から評価を行う、新たな原因特定研究の成果も考慮している。
 「観測された変化が、外部強制力への応答として予想されたものと量的に一致するか、物理的に妥当なそのほかの説明と不整合かどうかという観点から評価を行う」が中心部分だ。要するに人間が出した二酸化炭素の温室効果が実際の温度上昇に見合ったものかを調べると言う事だ。
これがその結論だ。
20 世紀半ば以降に観測された世界平均気温の上昇のほとんどは、人為起源の温室効果ガスの増加によってもたらされた可能性がかなり高い12。これは、第3 次評価報告書での「過去50 年にわたる、観測された昇温のほとんどが温室効果ガス濃度の上昇によるものであった可能性が高い」との結論を進展させるものである。
 その理由が幾つか書かれているが、結局個別の要素についてシミュレーションとあっていると述べている。

 工業改善の気候変動をシミュレーションして確かさを上げているが1950年までの7世紀のみだ。縄文海進期や過去の氷河期が説明できない限り、私は科学的に証明されたと認めるわけにはいかない。

 ここの証明は実際の温度変化に合うシミュレーションを集めて「よく合っている」と言っているに過ぎず、現在の科学レベルではここまでの結論が出せると言う事だけだということを示している。


 無論人類の活動が破滅的な結果を産むかもしれないから、政治的に結論を出して対策を進めようとする事もあり得ることだ。
 しかし私は理科系人間として、そのような政治的な、科学の結論を信じない立場を持ち続ける。

 なおIPCCの報告書はFULL REPORT now available onlineで読める。大量であり、すべて英語です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月15日 20:56
僕の考えは単純です。
全てを疑え、最悪に備えよ。

温暖化論に対して疑念はあります。
疑念はあるがリスクもある、先が予測できない船ならば救命ボートを充実させるべきでしょう。
最悪の場合でもできれば誰も餓死しない、もっと事態が悲惨なら人類滅亡だけは防ぎ、文明を再建できるよう重要な情報、遺伝情報などを保存しておく必要はあるでしょう。
ロケットの夏
2007年10月15日 22:03
CO2削減は確かに必要かもしれませんが方向が間違っていると思いますよ。本来、食物生産に当てるべき農産物からバイオ燃料を生産するのは非常に効率が悪い方法です。すでに穀物価格が急騰していますし、近い将来世界は飢餓に悩まされるでしょう。むしろハイブリッド車の技術公開や日本の環境技術の提供の方がよほど効果的でしょう。もちろん森林伐採の規制なども危急の問題でしょうが。
2007年10月16日 01:00
推測がどの程度正しいかは別にして、対策を行う事には賛成です。しかし、今の対策は方向違いや、誰かの金儲けに直結する話が多すぎる気がします。
文明シェルターはSFにありましたね。他の惑星に移住するのは今の技術では難しいですね。救命ボートの行き先が無い・・・
ロケットの夏
2007年10月16日 22:21
文明シェルターですか、いろんなSFに出てきますね「ソイレントグリーン」を思い出しました。
2007年10月17日 00:03
ロケットの夏 さん
SFも沢山読んでおられるようで。
私が見たのは「神の目の小さな塵」だったと思います。

この記事へのトラックバック