拳銃型ライター顛末記

 高校生が電車内で拳銃型ライターで遊んでいて、警官に平手打ちされた事件がいろいろと展開している。
 最初の報道はこれ。
高校生殴り巡査長逮捕 悪ふざけ注意し口論
2007年9月5日(水)10:22 共同

 神奈川県警は4日夜、電車内で悪ふざけをした少年を注意、口論となり、殴ってけがをさせた県警大和署刑事1課の巡査長小磯慶洋容疑者(33)を傷害の現行犯で逮捕した。5日朝、同容疑者を釈放。任意で事情を聴き、書類送検する。高校2年の男子生徒(16)が拳銃の形をしたライターを乗客に向けていたため、駅を出た横浜市旭区の路上で注意。口論となり、顔を平手で数回殴り、けがをさせた疑い。
 私が最初に読んだのは毎日新聞の紙面なのだが、目に付いたと言うかおかしいと感じたのは「路上」と言う文字だ。
 なぜ、電車内ではなく、ホームでもなく、改札口でもなく「路上」なのか?警官は悪ふざけを見ていたはずなのになぜすぐに注意をしなかったのだろうか?この疑問が解消しない限り、判断できないなと思った。

 これに対して
巡査長の行為を「よくやった」などと支持し、逮捕に同情する電話やメールが6日夕までに2000件以上も県警に寄せられた。産経
 と報道があった。最初の記事を見ればそのような反応をするのもあり得ると思った。多くの人は記事を印象で読むものなのだろう。例えば「きっこのブログ」では毎日新聞の記事としてこのように引用されている。
「警官暴行、拳銃形ライター所持の高2男子を殴る」 (毎日新聞)
4日午後10時50分ごろ、横浜市で神奈川県警大和署の巡査長、小磯慶洋容疑者(33)が県立高2年の男子生徒(16)の顔を数回殴った。生徒は軽傷。駆けつけた警官が同容疑者を傷害容疑で現行犯逮捕した。男子生徒が電車内で拳銃の形をしたライターを乗客に向けていたため同容疑者が下車後注意、口論になったという。
 毎日新聞のネットで見られる記事はこれより分量が多い。しかも「路上」は書いてあるし、容疑者が酒を飲んでいたことも書いてある。「きっこのブログ」が要約なのか、毎日新聞の他の版を写した物なのか断定は出来ない。(記事として引用するなら出所を明確にするべきである)
 この通りの記事なら誤解しやすい記事と言う話に近づくし、ネットの記事なら読者の読み方に問題ありと言う話に近づく。
 ちなみに他の記事も見たが、「路上」はしっかり書いてある。

 警察は「事実関係を厳正に調査したい」と言っていたが、追加の記者会見で事実関係を訂正した。
県警は逮捕直後は「巡査長が生徒に注意しライターを取り上げ、口論になり殴った」とみていたが、その後の調べで、駅の改札を出たところでいきなり生徒の髪をつかんで殴っていたことが判明。産経
 別の新聞ではこうなっている。
再会見は、巡査長が逮捕された翌日の5日に続くもので、西村昇監察官室長が行った。西村室長は「高校生は駅員らに注意を受けて素直に従っていた。巡査長はいきなり高校生の髪の毛をつかんで殴った」と説明。高校生の母親からも「事実関係が間違って伝えられている」と苦情が寄せられているとした。

 県警によると、高校生は4日夜、横浜市旭区の相鉄線二俣川駅で、普通電車の中からホームに向けて拳銃型のライターを撃つまねをした。車掌らが注意し、高校生は「分かりました」と従い、ライターをカバンにしまった。隣の車両からその様子を見ていた巡査長は、高校生が友人と談笑しているのを「反省していない」と思い込み、次の駅で降りた高校生を呼び止め、髪の毛とカバンをいきなりつかみ、「カバンの中のものを出せ」と顔を殴った。この間、高校生は反論しないで黙っていた。読売
 最初の報道との相違点は警官がいきなり殴ったことと打つ真似をしたのは乗客に向かってではなくホームに向かってだった。他にも判明した車掌達が注意していた事が明らかになったことだが、上の二つは最初の記事では間違った事実だった事である。

 この事実を産経は県警がそのように見ていたとなっているが、読売は誰の責任か分からないように書いている。どちらが本当なのだろうか?


 警察関係の記事も記者クラブで発表されるのだろう。新聞記者たちは発表内容をそのまま書くのなら、「明らかになった」とか「分かった」とか、書かないで欲しいと思う。「警察がこのように発表した」と書くべきであろう。締め切りの関係で裏づけ取材が出来ないのだろうから、そう書くのが真実を伝えていると言うものではないのか?

 最初の記事で私がおかしいと気づくのに、それを記事にした記者達は質問もしないのだろうか?編集者達はどう判断しているのか?
 
 この事件は政治がらみではないが、新聞の実力と言うか性格を良く示していると思う。また、読者の反応も規律を守らない子供を正すと風潮に乗っている。しかしこれを過大視してはならない。2000件は世論としては小さい数字だ。

 この件が政治の問題ならば、こうも簡単な種明かしをしてくれないだろう。我々はメディアとの付き合い方、読者の反応の見方、そして記事の読み方をこの件から学ばねばならないのだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 平手打ち警官事件

    Excerpt: 確かに、最近は悪さをする子供をしかることのできない大人が増えてきています。「しつけ」ができていない子供は、馴致のされていない動物と一緒ですからね。そのまま成長されたら、凶暴な猛獣になるのは目に見えてい.. Weblog: にっかんせきぐち racked: 2007-09-09 11:54
  • 平手打ち警官事件

    Excerpt: 確かに、最近は悪さをする子供をしかることのできない大人が増えてきています。「しつけ」ができていない子供は、馴致のされていない動物と一緒ですからね。そのまま成長されたら、凶暴な猛獣になるのは目に見えてい.. Weblog: にっかんせきぐち racked: 2007-09-09 11:55
  • 何のための、誰のためのテロ特措法?

    Excerpt: FC2のTB管理画面の具合がおかしくて、必要のないものまで禁止設定されてしまいました。TBが思うように通らない方がいらしたら申しわけありません。問い合わせ中ですので、少々お待ち�... Weblog: とむ丸の夢 racked: 2007-09-09 15:55
  • 神奈川県警が飲酒巡査長・小磯慶洋を擁護

    Excerpt: 神奈川県警大和署巡査長小磯慶洋容疑者は、高校生にイキナリ因縁をつけ顔面打撲を負わせた。当初、神奈川県警は「小磯慶洋容疑が、拳銃型ライターを人に向ける悪ふざけをしていた高校生を擁護し、注意したところ、口.. Weblog: 東急不動産東急リバブル不買宣言 racked: 2007-09-12 20:04
  • 警察は税金泥棒である。

    Excerpt: 被害にあっている人がいても犯罪が起きても無視する。マンション住民間のトラブルは「マンション内のことだから」と逃げる。学校内のイジメも「学校内のことだから」と逃げる。夫婦の暴力も「家庭内のことだから」と.. Weblog: 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 racked: 2007-09-12 20:24
  • 警視庁立川署地域課の友野秀和巡査長(40)

    Excerpt: が飲食店従業員、佐藤陽子さん(32)を射殺後に自殺した事件で、巡査長とみられる男が警察官と名乗って佐藤さんの実家に電話し、居場所を聞き出そうとしていたことが27日、同庁の調べで分かった。 調べによる.. Weblog: 東急リバブル東急不動産被害者の会 racked: 2007-09-14 22:14
  • 川崎市まちづくり局建築指導課は、市民全体の奉仕者でなく

    Excerpt: 川崎市まちづくり局建築指導課は、市民全体の奉仕者でなく、一部の業者の僕(しもべ)でした!(憲法15条違反) 全世界の友人の皆様、私が存じ上げる日本にいらしている外国大使の皆様、外国特派員 Weblog: 林田力はやしだりき racked: 2007-09-15 11:58
  • デルDELLの欠陥パソコン

    Excerpt: デルの一部パソコン機種では排熱構造設計に欠陥がある。電源の排気とCPUファンからの排気が全てHDDに直接あたるため、HDDの寿命を縮め排熱効率も悪く筺体内部にこもる。このためHDDの故障や電源の故障が.. Weblog: 東急ハンズ東急リバブル東急不動産不信 racked: 2007-09-15 13:49