選挙期間中のブログについて

 選挙期間中は公職選挙法によって選挙運動する方法などに制限がかかっています。通常のメディアと認定されていないブログは、政治かも立てているし、選挙運動とみなされる場合があります。
 詳しくは2005夏衆院総選挙まとめブログ週間!木村剛2005.09.05[ゴーログ]公職選挙法に抵触しないブログ活用のためにを参照してください。

 通常の選挙では候補者の応援、対抗候補者の非難が制限に含まれますが、比例区での政党名記載から政党の応援、非難もそれに含まれるとの解釈もあります。
 
 したがって私が毎日訪問している政治関係ブログも明日からそのまま書き続けると、危険な目に会う可能性があると言う事です。こんな制限がいいとはまったく思いませんが、現実です。

 ちなみにメディアと認められている新聞などは、表現の自由に守られているからいいそうです。テレビは各党などを公平に扱えばいい事になっています。ブログは選挙運動家とみなされているのでしょうか。


 しかし、安部政権がやる事は本来選挙とは関係ないはずです。この間に内閣がとんでもない事をやっても何も言えないなんてことは政治テロそのものでしょう。

 私も選挙期間中は大臣とか首相とかの話題に専念する事にしましょう。(同じ人間でも自民党総裁とは書かない)
 また他の話題、歴史とか経済とかにしましょう。

 こんなおかしな法律、および解釈は民主主義の後進国であることを示しています。そのうち世界からあきれられるでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

飼い犬に手をつかまれた男
2007年07月15日 21:31
さっき自民党の選挙CMをやっていた。うろ覚えだが気になったので書き込みしよう。
「天下り、談合を止めさせます。」のナレーションの後で安倍さんが登場し、「改革実行」とか言ってまたナレーションで「必ずやります自民党」とかで終わったが、ちょっとまてよ、おかしくないか。天下り、談合は今始まったわけじゃないし、戦後(不幸な一時期を除いて)自民が政権を担って来た訳だし、やろうと思えばやれたんじゃないか。それを今になって「必ずやります」って、怠慢もいいとこだ。
2007年07月16日 01:24
飼い犬に手をつかまれた男 さん
官僚の抵抗を破った功績と言うのでしょうね。
私は回し者では無いですが、念のため。
天下りではなく官民交流と言う。
談合ではなく随意契約とする。
こんなところですか。

この記事へのトラックバック

  • 消えた年金問題、選挙向けパフォーマンスより、着実な解決を

    Excerpt: (安倍の反国民的な生活破壊政権を打倒しよう!) 「消えた年金問題」。今回の参院選のもっとも大きな争点に浮上しているのは間違いない。 しかし、この問題は、政府自民党は、過去から把握していながら、5月.. Weblog: 平和のために小さな声を集めよう racked: 2007-07-12 19:56
  • 毎日新聞がいち早く指摘!~ブログやHP規制反対のパブコメを!その8

    Excerpt:    「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」の中間とりまとめについて、大手メディアが取り上げていないのではないか?という疑問をぶつけていたら、ある方から、すでに毎日新聞では大きく取り上げられて.. Weblog: 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊) racked: 2007-07-13 03:48
  • 新共同訳『聖書 スタディ版』(2006, 日本聖書協会)

    Excerpt:  ここ数日はブログの記事がなかなかまとまらなくて,目を休めるついでに,専門書とこの『スタディ版聖書』を読んでいた.¥12000 と結構お値段は張りますけど,信者になったあとより「科学的に」聖書本文を.. Weblog: Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen racked: 2007-07-14 18:53
  • 新しい時代のブログと公職選挙法

    Excerpt: 1 公示日以降の選挙関係の書き込みはダメ? ということが多くのブロガーの心配事になっていた。  公職選挙法の規制の解釈の問題だ。  残念ながら、この点について、これまでスカッとした明快な答え.. Weblog: 津久井進の弁護士ノート racked: 2007-07-15 10:15