テーマ:特定秘密保護法

特定秘密保護法 各社社説と新聞シェア

 よく各社社説の比較をするが、さすがに新聞がやることは上を行く。特定秘密保護法の各社社説特集を毎日新聞が載せてくれた。◇主な新聞各紙の社説の見出し=特定秘密保護法成立(6日)以降  <全国紙> 毎日新聞   7日 民主主義を後退させぬ 朝日新聞   7日 憲法を骨抜きにする愚挙 日本経済新聞 7日 「知る権利」揺るがす秘…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

早くも治安維持に邁進する安倍政権

 特定秘密法案が成立し、一般国民を秘密漏洩で逮捕できる素地が出来たところ、早くも安倍政権は治安維持に邁進するようだ。良好な治安を確保することが、東京オリンピック・パラリンピックの成功の前提だとしたうえで、原子力発電所に対するテロ対策の強化や、海上や沿岸警備の強化など水際対策の徹底、それに、在外公館を通じた情報収集活動の強化に取り組むとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日が民主主義を取り戻す戦いの始まりだ。

 特定秘密保護法が成立したそうだ。何とも出来の悪い法案だと賛成の立場の人でも言う。世界の常識から大いに逸脱した法案だという。日本の政治はそこまで劣化した。  野党がいくら頑張ってアピールしても民主主義のもう一つの原理、多数決で決まるものだ。与党が会期延長までして可決しようとすれば、出来るものだ。  普通は国民の反応を見つつ決めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法を再認識するのは今です。:特定秘密保護法

 毎日新聞は毎日の連載で現行憲法と自民党の改悪案を並べて論じている。これをよく読めば現行憲法の意味と値打ちを再認識できるだろう。  今日のテーマは第12条だ。第十二条  この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この人(安倍さん)は何を言っているのだろうか?

 本当に何を言っているのか分からない。安倍総理大臣は、「国民の中には、『特定秘密の指定が恣意的になされるのではないか』という懸念がある人もいるとは承知しているが、適正な運用を確保するための重層的な仕組みが盛り込まれており、今後とも国民に丁寧に説明していく」と述べ、 どこに重層的な仕組みがあるのか是非聞いてみたいものだ。丁寧に説明するそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定秘密保護法の行方

  衆議院が時間外労働をして特定秘密保護法案を可決したそうな。野党は強行採決と言うけれど、審議時間だけはある程度あるから強行採決なのかははっきりしないと思う。  ただそれよりも、政権与党は国民が反対していることが明確な法案を何故急いで可決したのか、それが一番知りたいことではないだろうか?  NHKがやけに反対の立場を報道し始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定秘密保護法案に反対する大規模な集会

 非常に不思議なのだが、この報道がNHKでしか見つけられないのだ。特定秘密保護法案に反対 大規模集会 11月21日 21時26分 特定秘密保護法案に反対する大規模な集会が21日夜、都内で開かれ、主催者の発表でおよそ1万人が参加しました。 参加者たちは、「政府は、慎重な審議を求める国民の声を聞いて、法案をただちに廃案にすべきだ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定秘密保護法案 各社社説

 新聞社の社説がかなり出てきた。各社の社説の表題を並べてみよう。  朝日 特定秘密保護法案―市民の自由をむしばむ  毎日 社説:秘密保護法案を問う・審議入り 重ねて廃案を求める  読売 秘密保護法案 後世の検証が可能な仕組みに  東京 特定秘密保護法案 議員の良識で廃案へ  産経、日経 今のところなし 朝日も中で「秘密法案…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

特定秘密の保護に関する法律案を読む

 今日審議入りと報道された法律は特定秘密の保護に関する法律案と言うらしい。衆議院の議案に公開されている。  報道で言われてきたことが法案ではどうなっているか確認しておこう。  まず秘密にするものは行政機関の長である。その定義がこれ。第二条 この法律において「行政機関」とは、次に掲げる機関をいう。  一 法律の規定に基づき内閣に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

特定秘密保護法案の矛盾

 特定秘密保護法案には基本的な矛盾があると思い始めた。その話に入る前にテレビでやっていたもっと基本の話から始めよう。  政府の扱う情報に関してとり決めがある。一つは情報公開法であり、一つは情報の記録、保存法(不正確な名前)だ。 まず情報をどのように記録し、保存するのかそれが最初だ。議事録をとり、何年保存し、誰の判断で廃棄する…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

特定秘密保護法案は違法な秘密を隠蔽する

 この発言は決定的だろう。自民党が国民と民主主義の敵であることを示すのに充分だ。 秘密保護法案:森担当相「処罰対象は西山事件に匹敵」 毎日新聞 2013年10月22日 23時20分  特定秘密保護法案の国会審議を担当する森雅子少子化担当相は22日の記者会見で、沖縄返還に伴う密約を報じて記者が逮捕された西山事件は同法の処罰対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定秘密保護法制を企業秘密に例えたら

 特定秘密保護法制を企業秘密に例えたら話は非常に分かりやすい。  ある会社員が正社員で終身雇用と考えているならば、会社の安定、繁栄は自身の収入に密接に結びついている。そのためには企業に忠誠を誓ったりする。社旗を仰ぐことも社歌を歌うこともあるだろう。ある場合は政治的主張も抑えて迎合することもあるかも知れない。  それほど大きな存在…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秘密保全法制は治安維持法への道

 秘密保全法制は非常に危険な法律だ。その報告書でもこういう表現がある。国民主権の原理にのっとり国民が政治的意思決定に関与するためには、政府の諸活動について十分な情報を得ることが必要であり、国民の知る権利は、健全な民主主義の根幹を支える極めて重要な権利である こういった認識でも秘密保全法が必要とするのがいまの政府の方針だ。  こうい…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more