水道民営化という国益に反する行為

 水道法の改悪法案が衆議院で強行採決したらしい。NHKはこんな法案だという。 水道事業に民間活用などの改正法案  だが文中ではこう紹介する。水道法の改正案では、老朽化が進む水道施設の改修を促そうと、水道事業をより多くの自治体が連携して行えるようにして、経営の安定化を図ることや、水道事業者に水道施設の情報をまとめた台帳の整備を義務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレ朝もセクハラ加害者ではないの

 こんな風に報じられている。財務省の前事務次官から記者がセクハラを受けた問題で、テレビ朝日は3日、前次官への取材内容を週刊誌に提供した当該記者を処分しないことを明らかにした。定例会見で、角南(すなみ)源五社長が質問に答えた。朝日 セクハラの被害者に処分だけは許してやると宣う。さらに角南社長は、取材で得た情報や音声データを第三者に渡したこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RCEP閣僚会合は年内に大筋合意出来るのか

 NHKは高らかに報じる、東京で開かれていた、RCEP=東アジア地域包括的経済連携の閣僚会合が閉幕しました。この中で各国はアメリカのトランプ政権による保護主義的な政策を念頭に、自由貿易体制が危機にさらされている認識を共有し、年内の大筋合意を目指すことで一致しました。 そして出席したメンバーの談話ものせる。今回の閣僚会合でインド代表を務め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひどいたわごとだ。「2020年以降の経済社会構想会議」の国会改革案

 どうしようもない酷いたわごとだ。その案なるものが公表されているので、リンクを記しておく。 小泉議員らの国会改革案(全文)が網羅した現在の問題点と、残された課題  buzzfeed よりオープンに、より政策本位で ~政治不信を乗り越えるための国会改革~ 資料  さて提案の柱は3つある。 第一に、行政の公正性に疑義が生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本にジャーナリズムは存在するか?伊藤詩織氏のドキュメンタリー

 以前から予定されていた伊藤詩織氏のドキュメンタリーをBBCが放送した。その事を民放は触れもしない。NHKには元々期待もしていないが。  BBCの日本語サイトで読める。是非多くの人に読んで欲しいと思う。  既にヨーロッパで視聴者の反響があるらしい。その声が日本に届き、観光客が減るようなことになれば動きもあるのだろうが、政府は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成30年沖縄慰霊祭

 平成30年、沖縄での慰霊祭が行われ、相良倫子さんの作品が注目されている。NHKが全文を載せる程「出来の良い」物なのだろう。  圧巻は翁長知事の姿だろう。手術後の、まだ闘病中の姿は神々しいとしか言いようがない。一言言えば神になったと。そして挨拶の後の長く続く拍手が知事を励ましているようだ。  NHKの報道で非常に気になるとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶、記録がなければ証言能力がないのでは

 第二次戦争後日本軍や官僚たちは記録の多くを焼却した。同時に口裏を合わせて記憶もなくした。その結果、裁判で無罪を証明せよと言われて苦労したそうな。当時の新聞まで発掘して主張したと言うことまで聞いた。  そう言えば首相も記憶も記録もないと言う。そしてマスコミはしていないと主張したとかく。本当にそう思っているのだろうか?それとも国民に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが国会質疑の実態だ

 IR実施法案がまたまた強行採決されたが、質疑の状況が一目で分る記事が毎日新聞に記載された。残念なことにデジタル情報が見つからないので紙面から入力する。  IR実施法案でなお残る論点 論点、野党の質問点、政府の説明   の順に書きます。 経済効果の試算  試算がないのに何故収益が上がると言えるのか            …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国は日本人のためにある。

 朝日新聞はこんな記事を載せる。日本国際交流センターの毛受敏浩氏は「外国人を一時的な労働者とみなしての受け入れは禍根を残す」と警鐘を鳴らす。政府は「移民政策はとらない」と繰り返すが、「縮む日本」は外国人の力がないと回らなくなっている。社会として、この現実と向き合う必要がある。 認識の中心は次の箇所だ。「「縮む日本」は外国人の力がないと回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総理大臣がブレない時

 ずっと以前だが小泉純一郎が首相の時、何の件かは忘れたが、判断に悩んでいると感じた時と、ブレない時を感じたときがあった。ある時その違いに気がついた。  ブレない件はアメリカ関係だと。首相案件ではなく、アメリカ案件の場合全くブレないということかと。  安倍が無理無理通してきた法案にはブレはない。断言できるだろう、そのすべてはアメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮ネタのテレビジャックが続く

 北朝鮮のミサイルジャックが収まったかと思ったら、とっくに終わった政治ショーによるテレビジャックは延々と続く。その前は日大ジャック、少しレスリングジャック・・・・  どうしても日本の国会でやっている、世論に反した動きについては見せない事に徹しているようだ。これが日本国のマスコミなのなのだろうか?NHKだけではない。リベラルと言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決意だけならサルでも出来る

 そう言えば昔、反省だけならサルでも出来るなんて言っていたか。本当に反省するなら良いことなのだが、この件では反省のポーズをするだけなのだから始末が悪い。  反省ではなく決意なら立派に聞こえるがどうだろうか?首相は拉致問題解決に向け、「北朝鮮と直接協議していく決意だ」と述べ、日朝首脳会談の開催に意欲を示した。朝日 決意を安倍首相は初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは憲法違反の告白か

 まずはこれを。中谷元防衛大臣は、記者団に対し「人口比だけで定数を決めるのではなく、地方の声や政治文化を大切にしないと、ますます地域間格差が広がり、東京一極集中になってしまう。憲法を改正したかったが、今回は緊急避難的に法改正で各県から最低1人選出する道を選んだということで評価する」と述べました。NHK こう言っている。「憲法を変えないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会計検査院もアウトだろう

 会計検査院が森友問題で調査結果を財務省に示しコメントを求めていたという。それがどのように反映されたのかその詳細をまだ知らない。  こんな生々しい打ち合わせがされたという。それほど高く機密扱いされていたのは、極めて森友学園問題の真相に迫る記述があるからだ。この文書は“会計検査院対応”と“国会対応”の2部構成になっており、登場人物は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしても外国人を入れたい安倍政権

 安倍政権は元は右翼政権だった・・・筈なのだが、今や支持者すら裏切るようだ。5日の経済財政諮問会議で示されたことしの「骨太の方針」の原案では、外国人の人材の受け入れ拡大を図るため、日本で働きながら学ぶいまの「技能実習制度」を修了した人など、一定の技能を持った人を対象に、最長で5年の在留を可能とする新たな在留資格の創設が盛り込まれました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな調査と処分では

 財務省の稟議改竄だけの調査と大甘の処分で済まそうとしている。  こんな物に長く書く気も起こらない。  国会に嘘をついた人間は懲戒免職だ。それまでにどんな功績があろうとも、すべてマイナスだ。そして検察審査会で犯罪者にしないといけない。それこそが再発防止である。  そして、この決済は財務大臣がしたことだろう。それだけで辞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKは卑怯な姑息な放送局

 こんなニュースを流して良いのだろうか?参議院の選挙制度をめぐり具体的には議員1人当たりの有権者が最も多い埼玉選挙区の定数を「2」増やし、1票の格差を3倍未満に抑えるほか、比例代表の定数を「4」増やしたうえで、一部は政党があらかじめ決めた順位に従って当選者が決まる「拘束名簿式」を選択できるようにするとしています。NHK これだけで中身が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カジノ法案に反対する

 衆議院でカジノ法案に関する参考人聴取が行われた。賛成の立場の参考人が二人いたのだが、その話は限りなくアバウトだった。何となく、カジノを入れれば利益が出て、日本の発展に必要だと。  複合観光施設を作る事はまったく問題はない。だがそれに対して公費を投入するとなれば、その効果は立証する必要がある。上記の参考人はそれを具体的に示しはしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つまらない党首討論でも意味ある点はある

 枝野氏が書いているとおり党首討論は「聞かれてもいないことをだらだらだらだら時間を潰し、あるいは聞かれていないことを答えて、答えたふりをする。」総理相手では意味がない。しかしながら、支離滅裂の総理発言でも考えようによっては大きな意味があるような気がする。  枝野氏は3つの質問を行った。本当はもっと多くの質問をしたかったのだろうが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蚊帳の外の安倍首相

 確か平昌オリンピックに安倍首相が行ったときにポツンと何もせずに座っている安倍首相の姿が見られた。見事な蚊帳の外の映像だった。それが外交における安倍首相を象徴する映像だ。  その後の南北対話、中朝会談、米朝会談の話題における蚊帳の外は当然のことだ。  だが蚊帳の外はそれだけでもない。 ザギトワ選手へ秋田犬の贈呈式 安倍首相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加計学園には総理会見を騙る輩がいる

 もっと前に聞いたような気がするが、昨日の発表だそうだ。学園は首相と同様、面会の事実を否定してきた。この日のコメントでは、県文書になぜ面会の記載があるのかを説明。当時は「獣医学部設置の動きが一時停滞していた時期であり、何らかの打開策を探していた」とし、「構造改革特区から国家戦略特区を用いた申請にきりかえれば活路が見いだせるのではないかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴走政権の暴走が止まらない

 暴走政権が暴走を続けるのは選挙に勝ったからだ。選挙に勝ったことを政策が支持されたと彼らは思っているのだろうか?国民の多くは代わりがないとの理由だけで投票していると思うのだが、暴走政権はそうは思わないようだ。  野党が反対し、強行採決してきた法律などの殆どが、世論調査では国民の賛成が得られないものだ。  国の仕事を隠したり、アメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モリカケ問題の本質

 野党が追及するのは当然のことだが、余りにも拙速ではないかと思う。例えば総理とか大臣にあなたは不正をしましたねと言って素直に認めるならば大いに点数稼ぎになる事だろう。それをもって内閣総辞職にでも追い込めればもっと点数が稼げるだろう。  だが彼らが本当に指示などをしているならば、絶対に認めたりはしないだろう。そんな押し問答をいくら見せら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参考人に尋問はできないのか?

柳瀬唯夫氏の参考人招致が終わったのかな?いろんな新事実はあったけれど、追い詰めたという印象は全く無い。そこにあるのは周到に練り上げた言い逃れの連続であり、それを追い詰められない甘い質問の連続だ。野党がばらばらで少ない質問時間の寄せ集めでは追求は出来ないのは当然だが、もう少し工夫は出来ないものか?  柳瀬唯夫氏は多人数と会合をもちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国民の敵」を自認した軽い処分

 今回の自衛隊の暴言に対する処分はいくら何でも軽すぎる。これを国民に対する現政権のメッセージと受け取る必要があるだろう。  こんな事らしい。防衛省統合幕僚監部の3等空佐が小西洋之参院議員に暴言を吐いた問題で、同省は8日、自衛隊法の品位を保つ義務に違反したとして、3佐を内規に基づく訓戒処分にした。同省は3佐が小西氏に「国益を損なう」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中韓の格の違い

 会議の後で共同記者会見が開かれた。なぜか安倍首相の前にはプロンプターが見えたような、気のせいだろうか?  中国も韓国も普通のことを言っているようだが何か格調が高い。それは世界における3国の役割を語っているからだと気がついた。安全保障上朝鮮半島の平和が重要であり、世界の経済のために3国協調の上の活動が重要という。その通りだし、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

審議拒否に対する世論の批判は強いのか

「審議拒否に対する世論の批判は強い」で検索すれば、これを報じているのは日経、産経、フジそして読売であることはすぐに分る。  だがマスコミはそれだけではない。本当はここも同じ穴に住んでいる。一方、審議拒否に対する世論の批判は強い。加えて、野党は政府提出の働き方法案に反対し、対抗する法案を提出している。対案も合わせて審議してアピールしたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党は妥協しすぎだろう

 野党は6党連名で異常事態の打開に関する申し入れなる文書を衆議院議長宛に出している。その一節がこれだ。国会に対しねつ造・改ざんされた資料が提出され、虚偽の答弁が行われた疑惑が解明されないまま正常な議論を行うことは不可能であり、立法府は与党・野党に関係なく全容・真相の解明にあたるべきである 議論を行うことが不可能だからこそ、欠席としたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真面目な憲法論議にしよう

 自民党総裁は内容は変えないが明文化するという。だが自民党の改憲案は内容が大きく変化している。だが新聞でも、自衛隊を書き込むだけで9条2項は維持すると称する。こんな嘘を垂れ流すメディアは退場が必要だが、それではメディアは無くなってしまう。  硬直的に憲法を改定しないのはおかしいと思う。しかし私の検討結果はこうだ。憲法の内容を検討す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北朝鮮の平和外交と意味のない日本外交

 世界中が北朝鮮と対話による解決を目指してきた中、対話のための対話は意味がないなんて当たり前のことを言って、実質対話をするなと言い続けた日本の外交は全く意味がないことが世界中に知れ渡ってしまった。  日本国内では過去のことは報道しないことにより、国民に忘れてくれとしているがそんなに都合良く人間は忘れるものではない。北朝鮮は忘れては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予想通りの南北会談

 何とも大騒ぎのテレビ番組編成だ。ここまで長時間朝鮮の南北会談を中継しなくてもと思う。  そして、その結果は完全に予想通り。これしか言えないのは始めから分っていた。2国のパフォーマンスは見事だが、日本がそれに感動するのかね?  アメリカが実質的な核廃絶の交渉に入った時その真価が問われるだろう。その時に日本の蚊帳の外の大臣など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高度プロフェッショナルとはこんなもの

 審議に入ったという高度プロフェッショナルというものは条文によればこんなものらしい。  ちなみに高度プロフェッショナルとの名称は使ってはいない。レッテル張りを恐れているのだろうか?  条文のリンクは衆議院内閣提案条文による。  該当部分は末尾に全文引用するとして、最も気になる労働者の選択という点について先に抜粋しておきたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会の正常化は出来るのか

 識者という人も特定の立場の人も野党が審議拒否を非難したりする。反対の意見は分るが法案を人質にするのはおかしいとか言ったりする。あるいは、国会議員の義務は審議だとも言う。  その人たちは本当にどのように思ってそれを言っているのだろうか?テレビなどの報道でも、審議に戻れば何が良いのかを聴いた人もいないし回答の聴いた覚えはない。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セクハラの次はパワハラか

福田淳一事務次官のセクハラ発言も酷いが、それに対する財務省の態度はさらに酷かった。セクハラの被害者に自ら訴えるように求めることには批判が出ている。これに対し、麻生氏は「(女性が)名乗り出やすいように財務省でやらず、第三者の弁護士、女性の弁護士を入れて対応している」と調査手法の正当性を主張。朝日 第三者の弁護士は独立していると前東京都知事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「反省だけならサルでもできる」

「反省だけならサルでもできる」は昔のテレビCMの話。  それを踏まえて。「信なくば立たず。国民の信頼を得るために、行政のトップである私自身が、一つ一つの問題について、責任を持って必ず全容を解明し、うみを出し切っていく決意だ」と述べ、信頼回復のため、みずから先頭に立って公文書をめぐる問題などの全容解明に全力を尽くす考えを示しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党のこの発言は面白い

 NHKがいつもやる自身の番組の引用だが、自民党のこの台詞が面白い。自民党の新藤政務調査会長代理は「問題が相次いでいることは痛恨の極みだ。行政の信頼が揺らぐのは、国の運営の根幹に関わることなので、まずは、しっかりと全容解明し、再発防止のためきちんとした文書管理のルールを作らなければならない。一刻も早く、公務員が仕事に専念できるようにしな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安倍晋三を国会に呼ぶな

 枝野氏の質問は流石に圧巻だ。普通の常識を持つ国民なら政府あるいは安倍晋三の答弁が支離滅裂であることがはっきり分るはずだ。  そこで提案がある。安倍晋三を今後国会に答弁のために呼ばないようにしよう。例えむこうが出席しようとも決して指名しないでおこう。  昔もあったけれど、指名もしていないのに割り込んで答弁することもあった。今は自…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カジノは誰の懐を狙うのか

 カジノ法案が与党間でネゴされたという。だが肝心な検討はその片鱗もない。  韓国では殆どのカジノが外国人対応だという。唯一の韓国人相手のカジノではその弊害が多く指摘されている。今強調したいのは弊害の部分ではなく、殆どが外国人相手というところだ。  日本人は競馬や競艇、宝くじ含めて多くのギャンブルにはまっている。その弊害も当然…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蚊帳の外ならまだまし

 日本の外交は蚊帳の外なのだが、それに気がついたのは今ではない。nytimesやBBCに日本の政治ネタはほぼ掲載されないから、日本外交の影の薄さはその時から分っていた。  北朝鮮との対話についても、アメリカが水面下で交渉を図っていると報道されているのに、対話を一切しないと言い続けた日本はこの局面に来て蚊帳の外にいることが誰の目にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説明責任は政権側にある

 報道では政権側と野党側の対決という。野党の戦術がまずいとは思うけれど、真相が明らかにならないのはそれが原因なのだろうか?  国会調査権は議員個人にあると思っていたけれど、そうではないらしい。国会の決議がいるという。とすればそれは与党の賛成がなければあり得ない。議院内閣制で与党の賛成を前提にすれば、政権を追求する権利にはなり得ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディアを黙らそうとする安倍政権

 もう充分民主主義は破壊されているのだが、徹底的に破壊したいらしい。有識者でつくる政府の規制改革推進会議は、インターネット番組の普及が進む中、ネット事業者の放送への新規参入を促そうと、放送と通信で異なる規制の緩和策を検討しています。 この中では、放送番組をネットで同時配信することや、放送設備を持たないネット事業者が放送に参入しやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名誉校長と未必の故意

 のんべんだらりと国会中継を見ていたら、安倍首相が大変な事を言ったと思った。  NHKが問題ないと思って書いているのだろうがこんなことだ。共産党の辰巳孝太郎氏は、安倍総理大臣夫人の昭恵氏が、森友学園が開校を計画していた小学校の名誉校長を一時務めていたことについて、「安倍総理大臣は、『国との交渉が有利になることはない』と過去に言って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本で起こっている何か変なこと

 風向きが変わったのは朝日新聞の改竄報道だ。  だがそれまでに起こっていた事で首をかしげていたのはJR東海のゼネコン談合事件だ。確かに談合は犯罪だが、関与した会社以外に仕事が出来る会社はないし、業務量から見て割り振りをしないと不可能なことも明白だ。状況から見てここまでやることが日本の国益になるのだろうか?そしてこれをやっているのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会議事録の改竄について

 参議院の議事録が改竄されるそうだ。最近のものでは、官僚を侮蔑した発言、過重労働で自殺した人への暴言、そんなものを削除するらしい。  一体国会議事録の修正は誰に権限があるのだろう?  一般的に議事録を修正する場合、出席者全員の合意が必要だ。侮蔑発言なら侮蔑を受けたものが取り消して良いと言わなければ削除出来ないだろう。削除したい側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会の劣化を憂う

 珍しくNHKが国会中継を長時間やった。国民が関心を持ってこれを見てくれたら随分認識が変わると思うのだけれど、忙しい人が多く、大変難しい要求だと思う。  自民党は官僚を責め立て、政権が努力したように言う。だが指摘したのは朝日新聞だと早くも指摘されている。どうにもならない下らない質問であると認識するには、見る価値があるが、国会として…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国家が教育に介入することに反対しなければならない

 教育基本法の改悪から始まって他の制度も改悪し、教育を国が支配出来るようにしようとしていることは明らかなことだ。そのための改悪として本来互選であった教育委員会委員長を役人の教育長にしたり、地方自治体の首長が口を出せるように改悪したりしている。  だが国が直接教育に口を出しても良いとは今だなっていない。メディアはそこをはっきりと報道すべ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野党は何を得たのか

 こんな表題で報道されている。佐川氏、来週にも国会証人喚問へ 与野党が調整朝日  証人喚問だけが決まったような表題だ。だが本当にそうなのだろうか?記事の中身にはこんな事が書いてある。野党6党の幹事長・書記局長らは会談し、早急に集中審議を行い、証人喚問の実施を議決するよう求めていくことで一致した。 集中審議で審議するのは証人喚問の実施だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検討に値しない憲法9条改悪案

 自民党はこの混乱した時に憲法9条改悪案を議論しているようだ。既に正気を失っている。そしてその中身も正気を失っている。さらに言えば正確に伝えないマスコミの正気も怪しい限りだ。  全部で7案ある。毎日による。 ▽2項削除案 (1)総理を最高指揮官とする国防軍を保持(9条の2) (2)陸海空自衛隊を保持(9条2項) 軍隊を認定す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻生切りで納めてはいけない

 政権側の方針は定まったようだ。麻生辞任を拒否しまくってそれを争点にし、うまくいけば辞任回避、うまくいかなくても麻生辞任で納めるとの方針だ。NHKニュースと総理の発言を聞いていれば、よく分る。  枝野氏が言うように、今回の改竄問題は安倍政権の辞任で収まるような事案ではない。日本の民主主義の存続の問題であり、何年かかっても対処しなけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more