暴走政権の暴走が止まらない

 暴走政権が暴走を続けるのは選挙に勝ったからだ。選挙に勝ったことを政策が支持されたと彼らは思っているのだろうか?国民の多くは代わりがないとの理由だけで投票していると思うのだが、暴走政権はそうは思わないようだ。  野党が反対し、強行採決してきた法律などの殆どが、世論調査では国民の賛成が得られないものだ。  国の仕事を隠したり、アメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モリカケ問題の本質

 野党が追及するのは当然のことだが、余りにも拙速ではないかと思う。例えば総理とか大臣にあなたは不正をしましたねと言って素直に認めるならば大いに点数稼ぎになる事だろう。それをもって内閣総辞職にでも追い込めればもっと点数が稼げるだろう。  だが彼らが本当に指示などをしているならば、絶対に認めたりはしないだろう。そんな押し問答をいくら見せら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参考人に尋問はできないのか?

柳瀬唯夫氏の参考人招致が終わったのかな?いろんな新事実はあったけれど、追い詰めたという印象は全く無い。そこにあるのは周到に練り上げた言い逃れの連続であり、それを追い詰められない甘い質問の連続だ。野党がばらばらで少ない質問時間の寄せ集めでは追求は出来ないのは当然だが、もう少し工夫は出来ないものか?  柳瀬唯夫氏は多人数と会合をもちな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国民の敵」を自認した軽い処分

 今回の自衛隊の暴言に対する処分はいくら何でも軽すぎる。これを国民に対する現政権のメッセージと受け取る必要があるだろう。  こんな事らしい。防衛省統合幕僚監部の3等空佐が小西洋之参院議員に暴言を吐いた問題で、同省は8日、自衛隊法の品位を保つ義務に違反したとして、3佐を内規に基づく訓戒処分にした。同省は3佐が小西氏に「国益を損なう」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中韓の格の違い

 会議の後で共同記者会見が開かれた。なぜか安倍首相の前にはプロンプターが見えたような、気のせいだろうか?  中国も韓国も普通のことを言っているようだが何か格調が高い。それは世界における3国の役割を語っているからだと気がついた。安全保障上朝鮮半島の平和が重要であり、世界の経済のために3国協調の上の活動が重要という。その通りだし、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

審議拒否に対する世論の批判は強いのか

「審議拒否に対する世論の批判は強い」で検索すれば、これを報じているのは日経、産経、フジそして読売であることはすぐに分る。  だがマスコミはそれだけではない。本当はここも同じ穴に住んでいる。一方、審議拒否に対する世論の批判は強い。加えて、野党は政府提出の働き方法案に反対し、対抗する法案を提出している。対案も合わせて審議してアピールしたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党は妥協しすぎだろう

 野党は6党連名で異常事態の打開に関する申し入れなる文書を衆議院議長宛に出している。その一節がこれだ。国会に対しねつ造・改ざんされた資料が提出され、虚偽の答弁が行われた疑惑が解明されないまま正常な議論を行うことは不可能であり、立法府は与党・野党に関係なく全容・真相の解明にあたるべきである 議論を行うことが不可能だからこそ、欠席としたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真面目な憲法論議にしよう

 自民党総裁は内容は変えないが明文化するという。だが自民党の改憲案は内容が大きく変化している。だが新聞でも、自衛隊を書き込むだけで9条2項は維持すると称する。こんな嘘を垂れ流すメディアは退場が必要だが、それではメディアは無くなってしまう。  硬直的に憲法を改定しないのはおかしいと思う。しかし私の検討結果はこうだ。憲法の内容を検討す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北朝鮮の平和外交と意味のない日本外交

 世界中が北朝鮮と対話による解決を目指してきた中、対話のための対話は意味がないなんて当たり前のことを言って、実質対話をするなと言い続けた日本の外交は全く意味がないことが世界中に知れ渡ってしまった。  日本国内では過去のことは報道しないことにより、国民に忘れてくれとしているがそんなに都合良く人間は忘れるものではない。北朝鮮は忘れては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予想通りの南北会談

 何とも大騒ぎのテレビ番組編成だ。ここまで長時間朝鮮の南北会談を中継しなくてもと思う。  そして、その結果は完全に予想通り。これしか言えないのは始めから分っていた。2国のパフォーマンスは見事だが、日本がそれに感動するのかね?  アメリカが実質的な核廃絶の交渉に入った時その真価が問われるだろう。その時に日本の蚊帳の外の大臣など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高度プロフェッショナルとはこんなもの

 審議に入ったという高度プロフェッショナルというものは条文によればこんなものらしい。  ちなみに高度プロフェッショナルとの名称は使ってはいない。レッテル張りを恐れているのだろうか?  条文のリンクは衆議院内閣提案条文による。  該当部分は末尾に全文引用するとして、最も気になる労働者の選択という点について先に抜粋しておきたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会の正常化は出来るのか

 識者という人も特定の立場の人も野党が審議拒否を非難したりする。反対の意見は分るが法案を人質にするのはおかしいとか言ったりする。あるいは、国会議員の義務は審議だとも言う。  その人たちは本当にどのように思ってそれを言っているのだろうか?テレビなどの報道でも、審議に戻れば何が良いのかを聴いた人もいないし回答の聴いた覚えはない。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セクハラの次はパワハラか

福田淳一事務次官のセクハラ発言も酷いが、それに対する財務省の態度はさらに酷かった。セクハラの被害者に自ら訴えるように求めることには批判が出ている。これに対し、麻生氏は「(女性が)名乗り出やすいように財務省でやらず、第三者の弁護士、女性の弁護士を入れて対応している」と調査手法の正当性を主張。朝日 第三者の弁護士は独立していると前東京都知事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「反省だけならサルでもできる」

「反省だけならサルでもできる」は昔のテレビCMの話。  それを踏まえて。「信なくば立たず。国民の信頼を得るために、行政のトップである私自身が、一つ一つの問題について、責任を持って必ず全容を解明し、うみを出し切っていく決意だ」と述べ、信頼回復のため、みずから先頭に立って公文書をめぐる問題などの全容解明に全力を尽くす考えを示しました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党のこの発言は面白い

 NHKがいつもやる自身の番組の引用だが、自民党のこの台詞が面白い。自民党の新藤政務調査会長代理は「問題が相次いでいることは痛恨の極みだ。行政の信頼が揺らぐのは、国の運営の根幹に関わることなので、まずは、しっかりと全容解明し、再発防止のためきちんとした文書管理のルールを作らなければならない。一刻も早く、公務員が仕事に専念できるようにしな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

安倍晋三を国会に呼ぶな

 枝野氏の質問は流石に圧巻だ。普通の常識を持つ国民なら政府あるいは安倍晋三の答弁が支離滅裂であることがはっきり分るはずだ。  そこで提案がある。安倍晋三を今後国会に答弁のために呼ばないようにしよう。例えむこうが出席しようとも決して指名しないでおこう。  昔もあったけれど、指名もしていないのに割り込んで答弁することもあった。今は自…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カジノは誰の懐を狙うのか

 カジノ法案が与党間でネゴされたという。だが肝心な検討はその片鱗もない。  韓国では殆どのカジノが外国人対応だという。唯一の韓国人相手のカジノではその弊害が多く指摘されている。今強調したいのは弊害の部分ではなく、殆どが外国人相手というところだ。  日本人は競馬や競艇、宝くじ含めて多くのギャンブルにはまっている。その弊害も当然…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蚊帳の外ならまだまし

 日本の外交は蚊帳の外なのだが、それに気がついたのは今ではない。nytimesやBBCに日本の政治ネタはほぼ掲載されないから、日本外交の影の薄さはその時から分っていた。  北朝鮮との対話についても、アメリカが水面下で交渉を図っていると報道されているのに、対話を一切しないと言い続けた日本はこの局面に来て蚊帳の外にいることが誰の目にも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説明責任は政権側にある

 報道では政権側と野党側の対決という。野党の戦術がまずいとは思うけれど、真相が明らかにならないのはそれが原因なのだろうか?  国会調査権は議員個人にあると思っていたけれど、そうではないらしい。国会の決議がいるという。とすればそれは与党の賛成がなければあり得ない。議院内閣制で与党の賛成を前提にすれば、政権を追求する権利にはなり得ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メディアを黙らそうとする安倍政権

 もう充分民主主義は破壊されているのだが、徹底的に破壊したいらしい。有識者でつくる政府の規制改革推進会議は、インターネット番組の普及が進む中、ネット事業者の放送への新規参入を促そうと、放送と通信で異なる規制の緩和策を検討しています。 この中では、放送番組をネットで同時配信することや、放送設備を持たないネット事業者が放送に参入しやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名誉校長と未必の故意

 のんべんだらりと国会中継を見ていたら、安倍首相が大変な事を言ったと思った。  NHKが問題ないと思って書いているのだろうがこんなことだ。共産党の辰巳孝太郎氏は、安倍総理大臣夫人の昭恵氏が、森友学園が開校を計画していた小学校の名誉校長を一時務めていたことについて、「安倍総理大臣は、『国との交渉が有利になることはない』と過去に言って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本で起こっている何か変なこと

 風向きが変わったのは朝日新聞の改竄報道だ。  だがそれまでに起こっていた事で首をかしげていたのはJR東海のゼネコン談合事件だ。確かに談合は犯罪だが、関与した会社以外に仕事が出来る会社はないし、業務量から見て割り振りをしないと不可能なことも明白だ。状況から見てここまでやることが日本の国益になるのだろうか?そしてこれをやっているのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会議事録の改竄について

 参議院の議事録が改竄されるそうだ。最近のものでは、官僚を侮蔑した発言、過重労働で自殺した人への暴言、そんなものを削除するらしい。  一体国会議事録の修正は誰に権限があるのだろう?  一般的に議事録を修正する場合、出席者全員の合意が必要だ。侮蔑発言なら侮蔑を受けたものが取り消して良いと言わなければ削除出来ないだろう。削除したい側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会の劣化を憂う

 珍しくNHKが国会中継を長時間やった。国民が関心を持ってこれを見てくれたら随分認識が変わると思うのだけれど、忙しい人が多く、大変難しい要求だと思う。  自民党は官僚を責め立て、政権が努力したように言う。だが指摘したのは朝日新聞だと早くも指摘されている。どうにもならない下らない質問であると認識するには、見る価値があるが、国会として…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国家が教育に介入することに反対しなければならない

 教育基本法の改悪から始まって他の制度も改悪し、教育を国が支配出来るようにしようとしていることは明らかなことだ。そのための改悪として本来互選であった教育委員会委員長を役人の教育長にしたり、地方自治体の首長が口を出せるように改悪したりしている。  だが国が直接教育に口を出しても良いとは今だなっていない。メディアはそこをはっきりと報道すべ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

野党は何を得たのか

 こんな表題で報道されている。佐川氏、来週にも国会証人喚問へ 与野党が調整朝日  証人喚問だけが決まったような表題だ。だが本当にそうなのだろうか?記事の中身にはこんな事が書いてある。野党6党の幹事長・書記局長らは会談し、早急に集中審議を行い、証人喚問の実施を議決するよう求めていくことで一致した。 集中審議で審議するのは証人喚問の実施だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検討に値しない憲法9条改悪案

 自民党はこの混乱した時に憲法9条改悪案を議論しているようだ。既に正気を失っている。そしてその中身も正気を失っている。さらに言えば正確に伝えないマスコミの正気も怪しい限りだ。  全部で7案ある。毎日による。 ▽2項削除案 (1)総理を最高指揮官とする国防軍を保持(9条の2) (2)陸海空自衛隊を保持(9条2項) 軍隊を認定す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻生切りで納めてはいけない

 政権側の方針は定まったようだ。麻生辞任を拒否しまくってそれを争点にし、うまくいけば辞任回避、うまくいかなくても麻生辞任で納めるとの方針だ。NHKニュースと総理の発言を聞いていれば、よく分る。  枝野氏が言うように、今回の改竄問題は安倍政権の辞任で収まるような事案ではない。日本の民主主義の存続の問題であり、何年かかっても対処しなけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有識者の特区民間委員とは

 有識者の特区民間委員の名前は報道されていない。だがそれはあの人たちのことだ。  記事はこれだ。クローズアップ2018 自動走行実験 玉虫色の「同意」決着 警察関与、余地残す 毎日  その発言を引用する。 「法改正をしなければいけないという規定はないが、法改正が前提で考えてほしい」 「特区である以上、特例措置が必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西山事件か森友事件か

 森友問題が大変な局面になってきた。国会議員に対して改ざんした文書(森友に土地を提供した稟議書)を提出した疑惑だ。もしこれが事実だとしたら、そして報道後も大臣が事実を告げなかったことが大事件になると思わせる。  これを聞いてすぐに思い浮かぶのが西山事件だ。時の政権がアメリカと密約をかわし、それをスクープした事件だ。これの経緯はいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

働き方改革 ここがおかしい

 働き方改革法案に裁量労働制がはずされたと報道されているが、政権の主張の特徴は理由が一切無いことだ。  高プロは外さないと結論しか言わないのだ。何か良いことがあるから外さないのだと思うのだが、それが一切説明されない。ニュースでは経済界の主張だとなっているから、その通り説明も出来ないのだと想定は出来るが、まずここがおかしいといえる。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

労働法制とか何とか

 政府のでたらめなデーターがばれたので、この国会の目玉法案がさまよいそうだ。同一労働同一賃金とか何とかいいながら、それにも反する裁量労働制拡大と高度プロフェッショナル制度の導入は労働者を安く使い倒したいとの狙いそのものだ。  例えばこんな物を見つけた。Q. ここのところ話題となっている残業代ゼロ制度はいつから導入されるのでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人労働者は移民ではない?

 こんなニュースだ。外国人労働者受け入れに向け 首相が制度改正検討を指示 2月20日 19時16分 深刻な人手不足を踏まえ、専門的・技術的な外国人労働者をさらに受け入れるため、安倍総理大臣は、ことし夏までに関係省庁による作業チームを設けて制度改正の具体策を検討するよう経済財政諮問会議で指示しました。 この中で安倍総理大臣は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育関連改憲も最悪

 自民党の憲法検討はレベル低すぎと何時も思う。高等教育などの無償化の明記は見送る一方、教育を受ける権利などを定めた憲法26条に新たに3項を新設し「教育は、人格の完成や幸福の追求に欠くことができないものだ」などとして「国は、教育環境の整備に努めなければならない」とする規定を盛り込んでいます。NHK 国の義務があることは当たり前のことで、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKを受信出来ないテレビが欲しい

 今のNHKの法律が出来たのはアナログテレビの時だったから、その当時の技術、事情に沿っている。だがNHKを受信出来なくするには当時の方が簡単だった。  若い人は知らないだろうが、昔はチャンネルは回す物だった。その回転する部品の中に各チャンネルを受信するためのコイルが入っていて、回転することによってコイルが切り替わり、受信する周波数…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

亡国のイージスは今ではないのか

 アベノミクスは全くうまくいっていないと「アベノミクスによろしく」(インターナショナル新書)は言う。さらに出口戦略の困難さも指摘する。そうした時政府は日銀総裁を再任するとした。なぜ?  私は思う。後始末を買って出るような奇特な人がいなかったのだと。  日本が発行する国債の4割が日銀保有だという。国債を買ってきたのは日本国内だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この禁煙法では裁判に勝てない

 他人の吸うたばこは臭い。それは一致する意見だ。そしてそれを吸えばたばこを吸うより影響が多いと言われている。  たばこがまるで吸えない人もいる。吸いすぎてのどを痛める人もいる。気管に炎症を起こすこともある。そう言った意味で有害であることは確かだ。  だが隣で吸っていても案外平気な人もいるし、特に本人は平気で吸っているわけだ。その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カジノ法案、大事な物が抜けている

 NHKに2本の記事がある。カジノ法案に関する物だ。 1本 IR法案の早期成立で連携確認 二階幹事長と松井知事 早くしたいという物、内容は分らない。 1本 政府 カジノ入場の上限は週3回に 規制の方針案 カジノの弊害を制限する物なのだろう。だがこれでは奨励法ではないのか?  それより決めなければならない事は他にあるだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKは戦争を煽っているのか

 この題字は多くの人を驚かすだろう。杉山 新駐米大使「北朝鮮情勢 武力行使は外交が失敗した時」NHK これではまるであの時代の駐独大使大島 浩を思い起こさせる。後に彼はA級戦犯として終身刑の判決を受けた。  それと同じ印象だ。  記事の後ろにある発言を見れば少し違うのが分る。北朝鮮情勢について「武力行使が行われる時は外交が失敗し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合区解消条文を書いている人は正気なのか?

 こんな憲法改悪案を議論をし、反対も出ないようだ。 「選挙区などは法律で定める」としている現在の憲法47条を改正して、選挙区の設定は人口を基本としながらも、行政区画や地域的な一体性なども総合的に勘案して選挙区や定員を定めると規定するとしています。 参議院選挙では改選ごとに都道府県で少なくとも1人を選出することができるという規定を盛り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防衛省の謝罪は何か変

 自衛隊や防衛省が謝罪に行くのは分る。だが同時に伝えられる何かをすると伝えたことが訳の分らないものだ。  例えば補償をするという。逆に補償をしないと言ったらなり立たない。状況から見て補償をしない選択などあり得ないと思うのだが、それをわざわざ言わねばならないのだろうか?検討するのは補償するか否かではなくて補償額をいくらにするかだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の心変わりは許しません?

 これほど断言されると、本当の気持ちはどうなのだろうと考えてしまう。河野外務大臣は、訪問先のブルネイで記者団に対し、「北朝鮮は、オリンピックの前日に軍事パレードを行って、ミサイルをひけらかしており、核やミサイル開発の意思には変わりがない」と述べ、北朝鮮のほほえみ外交に目を奪われてはならないと強調しました。NHK  ここまではっきりと心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKニュースによれば安倍首相一人だけが日韓会談したようだ。

 今日のNHKニュースでの日韓会談はすごかった。  冒頭の会談開始の場面は一応両者のコメントを流したが、その後がすごい。  延々と安倍首相の会議後の記者会見を流した。それは日本側の見解を一方的に流した物だ。そして解説員が出てきてなんだかよく分らない見解を延々と述べた。一部紹介したのは慰安婦問題の韓国側見解だけだ。それも解説員が「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルマーニデザインの標準服は憲法違反だろう

 余りにも高額な標準服を公立小学校に設定することは、明らかに憲法に反していると考える。  校長は標準服を服育と称して教育の一環だと説明したからなおさら間違っていると言える。  この報道でいろんな観点での間違いに言及している。公立学校の事務職員を長く務めた経験を持つ、「教育行財政研究所」主宰の中村文夫さんは、泰明小学校のケース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不毛の国会議論の責任は

 国会の議論は質疑と言うらしい。だが実際行われるのは質問と答弁だ。質問するのは議員、答弁するのは政府となっている。機会は少ないが議員立法の際は議員が質問し議員が答弁する。この場合の方がまともな話のようだ。  良く議論が噛み合わないと評されるが、質問と答弁がうまく対応しない時に言うようだ。だが多くの場合質問に対してまともに答えない場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相撲協会とかなんとか

 相撲協会のニュースはまだまだ続くようで、理事の選挙とか何とかよく分らないものが報道されているが、何時ものようにマスコミはポイントには近づきもせず、周囲をつまみ食いのように喚くのみだ。  日本相撲協会は公益財団法人日本相撲協会という。  公益財団法人とは一般社団・財団法人法に基づいて設立された一般財団法人で、公益法人認定法に基づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた感銘深き施政方針演説だこと

 いつものように誰かが書いた施政方針演説。何時ものようにここに記載される。  良く言えばいろんな論点を網羅している。悪く言えば自慢出来ることをつらつらと書き連ねている。だから話が脈絡もなくあちらこちらに飛びまくる。表題との食い違いなんて気にもしないわけだ。 六 外交・安全保障 (積極的平和主義)  パリ協定における二〇五…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮関係の報道

 日本の報道は信用ならないが特に北朝鮮関係は危ないように思う。  その狙いは国民に恐怖を煽り、政権維持及び軍事費を伸ばすことにあると考えれば合点がいく。  今までの流れで言えば、アメリカが北朝鮮を敵視し、軍事訓練を繰り返す。北朝鮮がミサイルと核爆弾開発を強行する。北朝鮮に経済圧力をかけ続け、対話を拒否する。そのあげくに軍事シ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊は誰の権限で派遣されたのか?

 気がついたら想像もつかないところで自衛隊が活動していたとならないのだろうか?  昨年9月に北朝鮮に石油を運ぶための船舶を臨検すべしと国連が決議したそうな。だから各国がその任務に就くことは問題はないはずだ。だが、自衛隊は普通の軍隊ではないから、自衛隊が参加するとなるとそれなりに微妙なはずなのだが。北朝鮮への国連・安全保障理事会の制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more