中東派遣に満州事変の匂いが

 どう考えてもやるべきではない中東派遣だが一般的にはこう報道されている。
案によると、防衛省設置法の「調査・研究」を根拠に護衛艦1隻と哨戒機1機が情報収集活動に当たる 毎日
 どんな任務なのかさっぱり分からない。だが毎日はこの後を続ける。
不測の事態が起きれば海上警備行動を発令することを明記。「迅速な意思決定に努める」とし、原則事前に閣議決定する方針だ。保護対象として、日本と関連があれば外国船籍の船も個別具体的に対応するとした。
 不測の事態が非常の広範囲になっている。これでは何でも来いと不測の事態を待っているとしか思えない。あるいは海賊を使って不測の事態を作ることさえ可能だろう。
 肩で風を切るチンピラのごとく喧嘩を買って出る日本を見せれば、中東における日本の信用は地に落ちる。こんな狂った政策は間違っていると断言できる。

"中東派遣に満州事変の匂いが" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント