辺野古の将来は記念物

 辺野古の埋め立てを強行しているけれど、その将来は極めて暗い。

 一つの問題は軟弱な地盤だ。埋め立てしてもしても沈んでいく軟弱地盤なら、完成はしないという物。日本の土木技術なら工法変更すれば出来るかも知れないが、沖縄県がね!
 途中で投げ出したら埋め立て途中の記念物が出来てしまう。

 もう一つの問題が、普天間の返還だ。辺野古の滑走路は短い。普天間の代わりにはなり得ない。アメリカと本当に返還の約束が出来ているのだろうか?私の予想では那覇空港の使用を条件にすることになるだろうが、それの了解が得られず、辺野古は使用されず記念物となるだろう。

 この記念物の名は安倍記念物なんだろうね。

"辺野古の将来は記念物" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント