総理大臣がブレない時

 ずっと以前だが小泉純一郎が首相の時、何の件かは忘れたが、判断に悩んでいると感じた時と、ブレない時を感じたときがあった。ある時その違いに気がついた。
 ブレない件はアメリカ関係だと。首相案件ではなく、アメリカ案件の場合全くブレないということかと。

 安倍が無理無理通してきた法案にはブレはない。断言できるだろう、そのすべてはアメリカ案件だと。

 今もう一つのアメリカ案件を通そうとしている。アメリカのマフィアに繋がる実業家を利する事業を進めるものを。これは日本人をカジノに誘いそのもうけをアメリカに持ち出す非常に分りやすい狙いを持っている。それに税金を投入して協力しようとしている人たちもいる。

 全部まとめて日本の国益に反する動きをする人たちだ。そういう人たちは一般的には「売国奴」とよばれるのだが、本人たちは何故かそう思わないようだ。

"総理大臣がブレない時" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント