北朝鮮ネタのテレビジャックが続く

 北朝鮮のミサイルジャックが収まったかと思ったら、とっくに終わった政治ショーによるテレビジャックは延々と続く。その前は日大ジャック、少しレスリングジャック・・・・

 どうしても日本の国会でやっている、世論に反した動きについては見せない事に徹しているようだ。これが日本国のマスコミなのなのだろうか?NHKだけではない。リベラルと言われる放送局も同じなのだ。

 ネットで見ている限り、情報はすんなり入ってくるが、マスコミ、特にテレビを見れば異質な世界がひろがっているとの印象だ。今の若者はテレビを見ずにネットを見ているという。では彼らは国会の動きや世界の動きを見知っているのだろうか?

 外交の世界はごまかしのきかない世界だ。日本のトップが何を言おうと結果が伴わなければ、そのうちはっきりする。モリカケのようにはっきりしていても認めなければ結果にならない世界と訳が違う。
 例えば拉致関係が進展しようとも帰ってこなければ駄目。ロシアとの交渉が進もうと領土が返ってこなければ駄目だ。北朝鮮に巨額の金が渡りその見返りが分る形でなければ駄目だ。アメリカとの間にあった密約でもしないとごまかしはきかない。北朝鮮や中国がそれに突き合ってくれるだろうか?

 とにかく言いたいことは、日本のマスコミは強烈なバイアスがかかっている。このことを強く言いたい。それ故に情報を求める努力が必要だと。そして最低限選挙での行動が必要だと言うことを。

"北朝鮮ネタのテレビジャックが続く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント