民進党の解党的出直しが始まった

以前に書いたとおり離党ドミノの先には前原氏そのものがあった。だが前原氏は一構成員ではなく代表だったから話は複雑だ。

 すでに支持基盤である連合も含め小池氏と協議をしたらしい。小池氏が民進党という大きな組織との合流を拒否していたから、民進党個別に資源を持って個別の合流して来いとなったらしい。こんな屈辱的な合流を前原氏は本当に同意したのだろうか?

 民進党内部への説明は未だ何もされていない。明日から実質的な選挙に入るというのにこの出遅れはなんたることだろうか?
 説明がなされたとてすんなり進むはずもない。前原氏は代表選に勝利したとは言え、反対した数も多かったから、議論百出だろう。まして解党的議論であるならばさらに酷い状況だ。

 小池氏は憲法改正や安全保障などの基本的なところでフィルターを掛けると言っているそうな。民進党のリベラルな人たちはこのフィルターにかかりそうだから、すんなりといかないだろう。

 もう一つの問題は連合側だ。先日の残業代法案でも中央の暴走がとがめられた。今回のものがどうなるのか全く未知数ではないのだろうか?
 一部地方では共産党との共闘が報道されている。その地方では当然連合の支部とも話をしているはずだ。こう言ったものすべてを調整するにはとても時間が足りない。

 自民党議員が言っているように、小池新党への集合はただ議員でいたいとの欲望に関わる。それは有権者に見え見えだ。だから自民党への反感によって今回票が入るかも知れないが、本物の支持からはほど遠いと思う。

 保守二大政党といえどもその違いが殆ど無く、そろいも揃って極右であるのならば、それが国民の支持を二分する事にはならないわけだ。
 小池新党が大きく勝って安倍政権が無くなろうとも、もし小池政権が出来ればいづれ同じ結果になる。だからどうなろうと、大きな期待はしない方がよいだろう。

 しかしながら、この局面での鍵はやはり市民連合だろうと思う。小池新党に行かない議員たちとの関係を今こそ強めるべきだと思う。今回の選挙に間に合わなくても良い。きっと今後の状況は、そうすることによって改善されるだろうと思う。
 

"民進党の解党的出直しが始まった" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント