吉村大阪市長は嘘をついたと謝罪

 大阪市では総合区と特別区を検討しているが、吉村大阪市長は総合区の検討はカモフラージュといった。形だけの嘘の検討をするといったわけだ。
 そしてカモフラージュといった覚えはないと嘘をついた。

 その後謝罪したと言うが,何を謝罪したかは報道されていない。

 今は二つを検討するといっているが、それは嘘ではないでしょうね。
大阪市をなくして区を格上げする「特別区」と大阪市を残したまま合区する「総合区」。両方の検討を進める大阪市の吉村市長が「総合区はカモフラージュでやっている」と取れる発言をしていたことがわかりました。

 問題の発言は5日行われた維新のパーティーで飛び出しました。

 「この任期、総合区とか作戦練って進めてますけど、山の頂上っていうのは特別区やって都構想やって、経済成長するような日本を引っ張るような街にしたい。そりゃカモフラージュすることありますけど、それは作戦ですから」(吉村洋文大阪市長)

 本当は特別区を進めたい吉村市長が総合区の検討をカモフラージュとするなら、市民や議会に失礼な話。6日の議会で共産党の議員がこの発言を問いただしました。

 「『この任期、総合区とか作戦は練って進めてますけど、山の頂上は特別区。カモフラージュするときはありますけどそれは作戦』こういうふうにおっしゃったと」(共産党 山中智子大阪市議)
 「僕は別にカモフラージュって言葉使ってませんから。そういった言葉使われるのはどうかなと。いささか心外ではあります」(吉村洋文大阪市長)

 ところが確かに「カモフラージュ」と言っていた吉村市長。7日、謝罪したうえでこう釈明しました。

 「僕が総合区の案を作ったり住民説明会であるとか、特別区を応援してくれる人からすると『なんで市長がそんなこと言ってるの?』と。僕のところに(意見が)来ます。そういった中で僕自身はそれぞれ特別区・特別区ベストな案を作って、最後は市民に判断してもらうという思いです」(吉村洋文大阪市長)

 しかし、吉村市長は本当にベストな総合区案を作る気があるのか?不信感が残る結果となりました。
こちら

 最後の方の「特別区・特別区」は「特別区・総合区」の間違いだと思います。

"吉村大阪市長は嘘をついたと謝罪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント