大田昌秀さんのご冥福を祈ります

沖縄戦を経験し、戦後は沖縄県知事(2期8年)として米軍基地用地の強制使用手続きの代理署名を拒否して国に異議を申し立てるなど、沖縄の米軍基地問題の解決に取り組んだ大田昌秀(おおた・まさひで)さんが12日、呼吸不全と肺炎のため那覇市の病院で死去した。この日が誕生日で92歳。毎日
 ご冥福を祈ります。

 かつて、「沖縄独立宣言」大山朝常著との表題でエントリーした。そこにコメントがついたのだが、それは大田昌秀さんの関係者だったようで、それから大田昌秀さんの文章を読んでいた。

 大田さんはすでに政治家を引退されていたが、沖縄の現状に心を痛めておられたと思う。
 沖縄の人も、内地の人もその思いを継いで行くべきだろうと思う。

"大田昌秀さんのご冥福を祈ります" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント