共謀罪ふたたび

 自民党は共謀罪を再び提出するらしい。
菅義偉官房長官は5日の記者会見で、犯罪の計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を変えた「テロ等組織犯罪準備罪」法案を20日召集の通常国会に提出するかどうかについて、「いま最終検討している」と述べた。2020年東京五輪・パラリンピックにも触れ、菅氏は「テロを含む組織犯罪を防ぐためには万全の対策を整えていくことが必要だ」と語り、法案の意義を改めて強調した。朝日
 オリンピックを理由にすれば国民が理解すると思っているのだろうか?もしオリンピックに必要ならば期限を切った法律にするべきだろうがそうはしない。嘘がバレバレだ。

 過去に国民が反対した法案だ。過去と現在で違うのが国会での圧倒的な議席数だ。ろくな審議もせずに法案を通せると思っているのだろう。

 この法案のポイントは共謀罪の適用範囲だ。多数の犯罪に使えるのであれば、公安のやりたい放題になる。取り締まりの対象も重要だ。政治団体を対象にすれば立派な政治弾圧になる。
 この法律はある意味戦争法案より危険なのだ。

 国民の意向を無視してきた政権だから、法案を通すかも知れない。だがこれだけは諦めてはならないと思う。

"共謀罪ふたたび" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント