カジノが何故駄目なのか

 民進党はカジノがギャンブル依存症をひどくするから駄目という。だが本当にそうなのだろうか?民進党はこれだけを問題にしているが、それは問題を矮小化していると思う。

 大問題が利益を生むのかだ。マカオが大きな利益を上げていると言う。シンガポールもそうだという。マカオでは中国人が客の大半と言うが、近年大きく売り上げが下がっているという。
 日本にもし作った時に中国人などがカジノをしに来るのだろうか?しかも国内に多数のカジノを作ると言っているが分散してしまって、一つあたりでは採算がどんどん苦しくなるだろう。

 客は外国人ではなく日本人を狙っているとの話もある。そうだからこそ日本人のギャンブル依存症が話題になるというわけだ。しかもカジノの経営者は外国人という話もある。(大阪に来た事業者は外国人だった)そうであるなら、日本人の負け分は一部を自治体に残して海外に持ち去るわけで、何が良いのだろうか?

 そして最も危惧するのが、カジノ開場にあたって前のめりになった自治体が税金を浪費することだ。成長戦略とか地方活性化とかなんとか理屈をつけてゼネコンなどに金を流し、住民に夢だけを流し、税金を無駄にする。そして後に残るのは昔あった何とかリゾートと同じ廃墟ではないのだろうか?

 例えば大阪府は万博で鉄道を引き、その先にカジノを作ると言う。鉄道で運搬する程の客が行くリゾートなんて想像出来るだろうか?論じることも馬鹿馬鹿しい話だ。

 壮大な無駄遣い・・・それがカジノを含む統合型リゾートだ。

 なおギャンブル依存症についてはすでにパチンコ依存症にかかっている日本人にとっては大きな違いはないだろう。

 

"カジノが何故駄目なのか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント