マスゾエ辞任劇で覚えておくべき事

 ついにマスゾエ氏が辞任したが、覚えておくべき事を整理しておきたい。

 猪瀬知事が攻撃を受けた経緯はよく分らない。その唐突さから見て、誰かが嫌ったのかあるいは後任を就任させたかったのかとも疑う。そして自民党を出て行ったマスゾエ氏を東京都連が指示し、自民党本体が推薦?したようだが、実態は自民党中枢部がそのようにしたと理解する。任命責任は東京都の議員団ではなく自民党本体にある。これが第一のポイント。

 マスゾエ氏のセコさはその筋では有名だった。知らないのは有権者だけ!!これは詐欺的なことだ。それを行ったのは第一のポイントの通り。

 そのセコイ手口は法律的には違法ではないと言うが、厳密には違法ではないかと思う。虚偽記載だ。
 知事時代の公用車の使いすぎた件は明らかに公金横領に近い話だ。これはもっときちんと追求すべきだ。

 その追求をさせないとしたのは自民党と公明党あるいは民進党なのか。こういった事が極めて重要だ。

 任命責任をつかれることを恐れてか、辞任に消極的だったのは自民党。途中から鞍替えしたのhが公明党。そして参議院選挙への影響を避けるために辞任を遅らせたことも明らかな事実。有権者の意志に沿うなんてことが全くない政党だ。

 最終的に辞任するかどうかは首相の声が必要だった。このことが示すことは何だろうか?少なくとも自民党という組織が信用出来ない組織であることだけは分る。そしてそれをマスゾエ氏は知っていると言うことだろう。
 首相の約束はどこかで復活させるというものだが、それが本当になるかは誰にも分らない。

 マスコミは辞任すればすべてリセットと言うだろう。それで有権者はすべてを忘れてはいけない。しっかりと覚えておくべきだと思う。

"マスゾエ辞任劇で覚えておくべき事" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント