税収が増えているなら、消費税増税は必要ないだろう

 首相はこんなことを言う。
安倍総理大臣は「この3年半で、税収は国、地方合わせて21兆円増えたが、消費税率を8%に引き上げたことによる増収は8兆円で、13兆円はまさに私たちが進めてきた経済政策による果実だ」と述べ、みずからが掲げる経済政策・アベノミクスの成果を強調しました。NHK
 アベノミクスの成果が上がっているのなら、消費税を上げなくても良いと普通に言われていた。その成果として税収をあげるなら、ぞれは消費税増税そのものが要らないと言っていることに等しいだろう。

 3%で8兆円なら2%で5兆円だ。それは13兆円よりも少ないからお釣りが来るわけだ。だから消費税増税で行うと言っていた社会福祉政策は出来るわけだ。そして財政出動として福祉の出費は立派に役立つはずだ。

 こんな事を野党も軽く言ってのけて欲しいと思う。恐らくメディアは野党の発言を報道しないだろうが、多くのチャンネルが今は存在する。大いに情報発信して欲しいと思う。

 マズゾエのセコイ話ばかり報道するんじゃないよ、マスコミさん
 

"税収が増えているなら、消費税増税は必要ないだろう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント