首相の世迷い言はいつまで続くのだろうか

 首相が長々と説明していたみたい。その長さはマスゾエを遙かに超えている。だが納得されない点については全く同じだろう。

 アベノミクスは順調で、良くなったと思われる数字を上げ成果を自慢するが、それにも係わらず消費税は上げられないと世迷い言を言う。それよりも、賃金が上がらないとか消費が増えないとか、成長率が上がらないとか、物価が上がらないとか良くない指標を出した方が素直だと誰もが思う。

 消費税を上げなければ福祉も削ると脅迫するのは同じだ。消費税を上げなくても成長戦略という名の企業支援はどんどんやると言う。福祉は景気刺激にならないのだろうか?経団連が嫌っているから、それが理由だろうが。

 世迷い言といえばさらに上を行くのがオカラッチだろう。それへの不信任を理由に首相を信任することだけは止めて欲しいと思う。

"首相の世迷い言はいつまで続くのだろうか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント