最もまともなコロナ対策

 いろいろ考えているのだがなかなかまとまらない。新型コロナウィルス対策はどうするべきか、いろんな人がいろんな番組で提言をしているが、番組のプロデューサーが時間を細かく切り刻むので発言が断片になる。分からなくしたいのか?だがいろんなヒントはある。

 まず検査についてまとめておこう。新型コロナウィルスの検査を理解するにはインフルエンザの検査を理解しないといけない。
 インフルエンザは治療薬がある。だから治療薬を投与するには検査が必要だ。この検査は医療のための検査だ。保険対応であり簡易キットで行う。しかし実際には治療薬は特効薬ではなく、症状を少し改善するだけだ。それでも治療薬が存在し患者がそれを望むので、保険対応だ。結論としては、検査と治療はあまり重要ではないと結論付けられる。
 だがインフルエンザも年によっては大流行する。患者が医療機関に押し寄せるからその人数を見れば統計がとれる。だが風邪との分離を行うには検査が必須だ。私はインフルエンザの流行を確実に把握するために、治療用の検査を使っていると認識した。

 新型コロナウィルスの検査は行政検査で、感染者を発見し隔離することを目的としている。これは感染法の要請だ。多くの感染症は特異な症状を示すので探索をしなくても医師が診察をすることで発見できる。発見したものを確定するのに検査を行う。そんなやり方を新型コロナウィルスにも適用してきたと思える。
 症状のない感染者とか、極めて症状の弱い感染者が大量にいる感染症の場合、感染者の発見は上記の方法では非常に困難になる。

 また、重い肺炎を生じる新型コロナウィルスだが、診断がつかずに重篤になれば患者やその家族に与える不安感は大きい。例え治療薬がなくても確定診断は現代の医学では要求されることだ。今後既存薬などによる治療も試され、病状の経過情報の蓄積をするにも確定診断は必要だ。治療に関係する検査のニーズもしっかりと把握しておくべきだ。

 治療薬が検討中である現在、試験の必要性はサーベイランスにある。感染を防ぐには感染者を隔離することだ。
 今はクラスターを発見し、クラスター内の人を検査することにより感染者を隔離している。クラスター内についてはその手法は正しい。だが発見されていないクラスターは成長を続けている。クラスター同士の結合などが良くないと言うけれど、クラスターを発見する努力をしているのか、疑問だ。したがって、例えば発熱をした人すべてを検査すれば多くの感染者を発見できるだろう。
 報告書にはクラスターが多くなればマンパワーの限界で追えなくなるから市中感染のモードに入るという。その限界を避けるために、新しいクラスターを発見しないようにしているのは完全な本末転倒である。
 クラスターが追えなくなっても、発熱、感染者をすべて隔離すれば流行は止まる。隔離は家庭内隔離も使える。逆に出来るように政策をしないといけない。
 発熱者を検査するには一般の医療機関でインフルエンザのように試験をしないといけない。発熱外来を設け、保険適用で、検体を検査会社に送って結果を得る。十分できることだと思う。感染者がいれば、重症者は入院、軽症者は家庭内隔離(家庭内で無理な人は隔離施設)とする。家庭内隔離は詳細なマニュアルと十分な相談員が必要。

 マスクについては一般の人はガーゼマスクで可能だ。これは再使用が可能だ。手作りマスクも可能だ。使用するべき人はウイルスを出す可能性のある人だ。そういう人はマスクをするより人前に出ないことが良い。
 受ける可能性のあると考える人はマスクをしても無駄なのでマスクはしない。
 そうすれば、マスクの使用量が減って不足は解消する。

 医療用などのマスクは必須だ。政府がしっかり生産管理をして、流通も管理して医療機関などに届けるべきだ。今の対応は声をかけるだけで結果を管理しない。無責任極まりない。

 試験を増加して街に感染者をなくすまでは、発熱者の自宅待機を要請し、人の多く集まる機会を減らしていく今の取り組みを継続する必要がある。

 感染者を社会から隔離する政策が完全になって2から3週間で効果が出る。取りこぼしを考えると左記の期間の2倍の期間程度で終息宣言が可能になるのではないだろうか。

 経済的損失を考える。
 現在は企業の活動はできているが、人の消費活動はかなり少なくなっている。国民生産は最終的には国民消費に依存するから、対策期間が長引けば損失がどんどん増える。今の対策を続けて何か月で終息できると考えているのだろうか?
 それよりも中国でやったように短期間にきつい対策をやったほうが損失の合計は少なくなると思う。
 もっといいのは上記の方法だ。イベントや人間の活動を抑制しないために、感染者を隔離する。人出不足にはなる、だが活動は継続できる。このほうが経済損失ははるかに小さい。そして期間も短い。
 中国でこれが出来なかったのは、気が付いたときに感染が進みすぎていたからだろう。武漢は医療崩壊。北京などは感染者が多すぎて全部を隔離してもあまり違いがなかったと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント