ウエステルダム号は横浜に帰港する。

 ウエステルダム号とはホーランドアメリカ ウェステルダム号 というらしい。こちら

 こんなニュースです。
対策本部で、安倍総理大臣は「今般、船舶内で新型コロナウイルスの感染症を発症したおそれのある者が確認された、香港発のクルーズ船『ウエステルダム号』が、日本に入港する予定だ」と述べ、横浜港に停泊するクルーズ船とは別のクルーズ船が、日本への入港を予定していることを明らかにしました。

そのうえで「先日も出入国管理法に基づき、一定の事由に該当する外国人の入国拒否を決めたが、『ウエステルダム号』に乗船している外国人についても特段の事情がないかぎり、その入国を拒否する措置を追加する」と述べました。NHK


 普通にツアーを検索すれば今後の予定が出てくる
2020年3月28日

4月11日

【横浜発着】沖縄・南西諸島と台湾クルーズ 15日間 2人目半額!限定2室<海側ベランダ指定>

料金:198,000~458,000円
寄港地:神戸、那覇、石垣島、花蓮(台湾)、台北/基隆(台湾)、鹿児島、油津/宮崎、清水
出発地:横浜
 すでに出発したクルーズを探したらこれに行き当たった。
米ホーランドアメリカライン(HAL)は、2月1日に香港を出る「ウエステルダム」(82,862総トン)の2週間クルーズの最終寄港地(目的地)を上海から横浜に変更する。同クルーズは、香港からフィリピン、台湾、沖縄、九州などを経て上海に向かうルートを予定していたが、新型コロナウイルスによる肺炎が中国国内で猛威を振るっており、米国衛生当局の指導もあり変更を決めたという。こちら
 日本への最初の寄港地は沖縄だから、沖縄に入港しても外国人は上陸させない措置だと読める。

 最終の帰港地は横浜なので、上陸を許さないのであれば、外国人は船に乗ったままでどこかへ行かないといけない。しかし記事にはこうある。
HALは今春、夏のアラスカ配船を前に日本を含めたアジア海域を周遊するクルーズを複数本計画。2月出航からは日本寄港を盛り込んだ上海発着や香港~横浜、横浜発着などを予定している。現時点でスケジュール変更は1日発の1コースだが、同クルーズが上海から横浜に目的地を変えたことで、続く15日発は横浜発になる。
 15日は上海発だったが横浜発に変えるのがスムーズだ。その工程を変えなければ上陸拒否された外国人は行き先を失うことになる。アメリカが関係した調整を政権はうまくやれるのだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント