内閣が法解釈を変更してはいけないでしょ

 まさかこんなことをストレートに言うとは思わなかった。
首相は「当時、検察庁法に基づき除外されると理解していたと承知している」と認めつつ、「検察官も国家公務員で、今般、検察庁法に定められた特例以外には国家公務員法が適用される関係にあり、検察官の勤務(定年)延長に国家公務員法の規定が適用されると解釈することとした」と述べた。毎日
 当時という言葉が実は微妙なのだ。すなわ、この法律を国会で改正した当時、国会で答弁された法解釈はそれを前提にして国会の議決がされている。その法解釈を内閣は変更できないとはどこかの教科書に書いてあるはずだと思う。

 それを堂々と解釈を変更することとしたといえば、法を守っていないことを意味する。アホなヤジよりこちらのほうがよほど重大なのではないだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント