新型肺炎対策は一段高い段階に入った

 武漢の日本人が帰還したことはひとまず喜ぶべきだろうが、ここから得た知見は重大だ。すでにバス運転手とガイドの感染でほぼ明らかだったけれど、無症状の保菌者が多くあらわれることがはっきりした。これは今までの発熱と咳で検査すべき人を選別することが出来ないことを意味している。今日はさらに検疫を通り抜けた中国人留学生などの発症が報告された。  …
コメント:0

続きを読むread more

自民党の質問にも答えなくなってしまった

 首相は自民党の質問に対しては、待ってましたとばかりに答弁したものだ。打ち合わせがあったようだと思ってしまう。  だが今日の質疑には、今までと違う何かを感じる。「自民党の下村選挙対策委員長も『私にとっても想像を超えている。ちょっとケタが違う』と言っている。安倍総理大臣の判断なのか」とただしました。NHK これは立憲民主党の質問なの…
コメント:0

続きを読むread more

新型肺炎と緊急事態条項と安倍晋三

 中国での新型肺炎はまだまだ拡散の過程にある。どこまで拡大するのか現時点では予測不可能である。中国国内に限って最も拡大しきった形は、全国民が感染した状態だろう。感染しても全員が発病するわけではない。発病しても症状が重いか軽いの差は大きいようだ。致死率が最終どの程度になるか、それがパンデミックになるかどうかの境目だろう。  そうなっても…
コメント:0

続きを読むread more

国会に幼児も子供もいらない

 初めての予算委員会での桜追及、はっきり言って期待外れ。  江田憲司氏は大所高所から諭すけれど、通じる相手でもない。一つのパフォーマンスと見るしかないが、国民がそれを理解してくれるのか?もし理解できるのなら、こんな長期政権はあり得ないと思わないのだろうか?  それに続く議員たちもどうなの?  黒岩宇洋という議員は久兵衛で有名に…
コメント:0

続きを読むread more

いつもの通りくだらない施政方針演説である

 いつもの通りくだらない施政方針演説だ。今回の特徴は長期政権に伴う総決算であり、ラストスパートを強調するところだろう。  だから今まで懸命にやってきたと言い、これからはさらに飛躍するという。だが、今まで懸命にやってきたことの成果を例示で示すがその多くが的外れということだ。  一つだけ挙げればロシアとの交渉。プーチン大統領と長門で合意…
コメント:0

続きを読むread more

安保60年で守らねばならない柱

安保60年に際し守らねばならない柱が表明された。自由と民主主義、人権、法の支配を守る柱、世界を支える柱 本当に正しい認識だと思う。だがこれを守っている人が言うのなら納得できるが、この人が言っても冗談を通り越してたわごとになり、ふざけるなと怒らねばならない。  この人が言っている。   安倍総理大臣   テレ朝ニュース  自由と民…
コメント:0

続きを読むread more

新年最初の記事

 長らく書かなかったのだが、病気をしたわけでもなく、書くことがなくなったわけでもない。気に入らないことは山ほどあっても、全く改善の兆しもなく、イライラが募るばかりの日々であった。  今日、よくぞここまで言ってくれたと、感謝感謝の記事を見た。新聞社のHPではまだ見れないので、デジタル化したものを引用したい。  松尾貴史のちょっ…
コメント:0

続きを読むread more