日韓関係(輸出管理)

 安全保障に関して日本は韓国への輸出管理を見直した、あるいはさらに見直すという。韓国は徴用工問題と時期が同じということで、絡めて経済制裁を行うのはけしからんという。ふつうは疑うと思う。

 韓国が軍事転用も可能な物資を適切に管理していないとの疑いを日本が持ち、3年間も協議を申し入れていたという。もうダメと考えたのが参議院の選挙運動中という。(そうなるのかな?)
 最初に厳格化したのが半導体製造にかかわる3品目。なかでもフッ化水素は毒ガス製造にも使えるとプロパガンダをした。(ただ、半導体製造に必要なのは高純度のもので、毒ガス製造に必要なものは高純度は必要ない。まさにプロパガンダ)申請して審査されれば輸出は可能だが、時間がかかるという。メディアでは大混乱だと報道もされた。
 続いてもっと多くの物品に関係するのがホワイト国指定の解除だ。こちらも申請が必要になり時間がかかるとの説明だ。こちらは処置の目前だという。

 確かに安全保障上の処置で、この変更によって変わるのは手続きの厳格化だけのはずだ。だが当初報道された輸出が滞るか否かについは何も報道されない。最初の処置からすでに1か月近くたつのにこれらの物品は輸出されているのか、全く報道されない。これには何かの意図があるのだろうか?
 そういえば早々に日本にサムスンの会長が来た。その時に輸出について調整をしたはずだが、その内容も伝えていない。そういえば今もサムスンの半導体製造に支障があるなんて一切聞かないが、それも報道を隠しているのだろうか?
 WTOで問題になるかどうかは貿易に実害が出たかどうかだと思う。提訴が現実になるかどうかは、実害の有無によると思う。それが報道されないのだからこの件に対してコメントができないのが本当だと思う。

 安全保障上も3年間も問題あったのなら、日本は何をしていたのか?このことだけでも今回の説明は理解できない。

 韓国の新聞を見ても実際に混乱しているかはわからない。韓国の新聞に出れば日本の読者にもすぐにわかってしまう。だから報道がないのが意図的だとすれば、日韓で共通したことになる。

 日本では反韓を進めれば有利と言い、韓国でも反日をやれば有利という。双方の政府に有利なら極めてうまく仕組まれた茶番劇なのかもしれない。

 どんなものでも落としどころが大事だ。どうやら落としどころはアメリカの仲裁にあるような気がしてきた。徴用工の問題も同時に解決するのかもしれない。
 本当にそうなるかはわからないが、これが落としどころだったら何とも寂しい話だと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント