ニュースが理解できなくなってきた

 こんなニュース。
警察によりますと、藤木容疑者は9日午前7時半ごろ、覚せい剤取締法違反の疑いで家宅捜索に来た警察官6人を自宅前の路上で振り払い、車で逃走しました。その際、警察官3人が車に引きずられ、膝を擦りむくなど軽いけがをしたということです。TBS
 今は容疑者になっているが、彼はなぜ警察官を振り払ったのだろうか?それも6人も。正当な理由がある職務質問から逃げようとしたら公務執行妨害になるかもしれない。だがそんな記述もない。
 いつから家宅捜索に来たら居住者を拘束できるようになったのだろうか?こんなニュース理解できないのだが、各局は何事もないように報じる。私には理解できない。

 こんなニュースも。
菅官房長官は閣議のあとの記者会見で「今回の措置は、輸出管理を適正に実施するうえで、必要な日本国内の運用の見直しであって、協議の対象ではなく、撤回は考えていない」と述べ、今回の措置は協議の対象にはならず、撤回にも応じられないという考えを示しました。NHK
 確かに日本の運用だし、協議の対象とすると決めた条約もないだろう。だが外国に影響を及ぼすことは確かだから、国内だけの運用では済まない。それなのに、上記の発言は説明になっていない。こんな話で記者は理解出ているのだろうか?
 私には理解できない。

こんなニュースも。
安倍総理大臣は記者団に「今回の判決の内容については一部には受け入れがたい点があることも事実だ。しかし、筆舌に尽くしがたい経験をされたご家族の皆様のご苦労を、これ以上長引かせるわけにはいかない」と述べました。NHK
 ハンセン氏病に関する訴訟で控訴断念の理由とされているものだが、何を言っているのだろう?
 つらい経験を政府が長引かせて事例は山盛りある。それとの違いが全く表現されていない。この表現通りなら、安倍政権はつらい経験をしている被害者をすべて救済しているはずだがそんなことは絶対にない。記者たちはなぜこんな表現を垂れ流すのか。質問をしないのか?
 私には理解できない。

 無論なぜこんなことをしているか推測を加えれば明らかだ。敢えて推測をしなければ理解できないということだ。

 推測を加えれば
 1.覚せい剤が発見されれば逮捕するつもりなので、あらかじめ拘束状態にしておきたかった。
 2.韓国に制裁を加えただけだ。理由を伝える気もないし協議もしない。国内受けのための政策だから変える気もない。
 3.選挙中だから妥協しただけ。
このように報道してくれるのなら理解はできる。同意はしないけれど。
0

この記事へのコメント