吉本問題におけるテレビの忖度

 吉本問題について閣僚から発言があるそうだ。
「一般論として申し上げれば『クールジャパンコンテンツ』の担い手として、法令遵守の徹底などについて、しっかり説明することが重要ではないかと認識」(菅 義偉 官房長官)TBSニュース
 吉本が何をするのかは知らないが、政府が依頼した仕事を吉本が行うということだろう。

 記事は最初に「吉本興業のタレントの『闇営業問題』に関連し」と問題を隠す。本当の問題は不適切な団体との接触であって、タレントと吉本の個別の問題は小さな問題だ。
 報道では、直営業した相手とは吉本も関係していたとなっている。タレントを指導する以前に吉本自体がどんな管理をしているのかが問われる話だ。

 吉本が説明責任を負いきちんと説明できれば良いけれど、そのような吉本を選定した政府の責任を放置するメディアの忖度は本当にひどいだろう。

 そういえば自民党が公認した議員たちが不祥事を起こしてもしっかりと説明する責任があるとさんざん言っていたような。人の責任だと言ったもの勝ちなのか?

テレビの得意技、それは忖度。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント