激動一歩手前の感じ

 ジャニーズ事務所のメディアへの圧力が明白になった。そして、吉本の芸人への圧力も明白になった。どちらも政権との相性が限りなく良いと思わせる存在で、メディアの忖度が著しい。そこに激動があれば、政治でのメディアの動きにも激動があるのではないかと思ってしまう。

 政治そのものでも明日の参議院選挙では大きな変化はないのかもしれない。だが伝えられている動きには激動一歩手前のようなうごめきを感じる。無風であったところが接戦だとか、新しい勢力に国民の大きな期待が込められていたり、総裁は安定しか口にできなくなったりとか、変化はある。
 だがマスコミの徹底した争点隠しのため、その変化を感じない人たちも多いだろう。マスコミたちは投票が終わった時に本当の動きを伝えるのだろうか?そうであれば次回の国政選挙には激動が訪れると思う。

 今から呼びかけても効果はないかもしれない。しかし、今まで投票に行かなかった人も、行ってほしい。長期政権に投票してきた人も本当にそれでいいのか自問してほしい。
 そして選挙が終わった時に、もう一度本当にこれでいいのか再度、再度確認をしてほしいと思う。

 民主主義とはどういうものなのか、確認するべき時なのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント