野党4党1会派と市民連合による政策協定

 表題の政策協定については全く気が付かなかった。私がいつも見ている物から脱落していたのだが、私にとっての盲点だった。

 このことを伝える記事にはこんな記述が。
この野党5党派と市民連合による「政策協定調印式」には、多くのマスコミ関係者が取材に来たにもかかわらず、ニュースとなるのは候補者一本化ばかりで、共通政策の具体的内容は、ほとんど報じられていない。
 報じられているのはこちら。
国民民主党の玉木雄一郎代表をはじめ野党4党1会派(立憲、共産、社保、社民)の党首が29日、国会内で会談。夏の参院選1人区で新たに19選挙区の候補者一本化に合意し、合計で宮崎・鹿児島を除く30の1人区選挙区で候補者を一本化した。こちらから
 立憲民主党のtwitterをさかのぼって見返したら関係する物はなかった。共産党の小池委員長のtwitterをさかのぼったらこの件はあった。社民党、国民民主党のHPにも記載はなかった。

 マスコミの報道もない、共産党以外の署名政党のHPにも記載はない。一体どうなっているのだろう?

 そして、標記の記事はyahooニュースであり、biglobeにもあった。時事ドットコム、東京新聞、TBSなどほんの一部のマスコミが扱っていた。(市民連合 政策協定で検索)

 いままでネットニュースは他のマスコミと同様と思っていたが、中には必要な物があるのに気がついた。検討が必要だ。

 政策協定の中身を引用しておく。最後写真も。記事は市民連合のページを参照。
野党5党派と市民連合が合意し、野党の「共通政策」とされた13の政策は以下の通り。

1 安倍政権が進めようとしている憲法「改定」とりわけ第9条「改定」に反対し、改憲発議そのものをさせないために全力を尽くすこと。

2 安保法制、共謀罪法など安倍政権が成立させた立憲主義に反する諸法律を廃止すること。

3 膨張する防衛予算、防衛装備について憲法9条の理念に照らして精査し、国民生活の安全という観点から他の政策の財源に振り向けること。

4 沖縄県名護市辺野古における新基地建設を直ちに中止し、環境の回復を行うこと。さらに、普天間基地の早期返還を実現し、撤去を進めること。日米地位協定を改定し、沖縄県民の人権を守ること。また、国の補助金を使った沖縄県下の自治体に対する操作、分断を止めること。

5 東アジアにおける平和の創出と非核化の推進のために努力し、日朝平壌宣言に基づき北朝鮮との国交正常化、拉致問題解決、核・ミサイル開発阻止に向けた対話を再開すること。

6 福島第一原発事故の検証や、実効性のある避難計画の策定、地元合意などのないままの原発再稼働を認めず、再生可能エネルギーを中心とした新しいエネルギー政策の確立と地域社会再生により、原発ゼロ実現を目指すこと。

7 毎月勤労統計調査の虚偽など、行政における情報の操作、捏造(ねつぞう)の全体像を究明するとともに、高度プロフェッショナル制度など虚偽のデータに基づいて作られた法律を廃止すること。

8 2019年10月に予定されている消費税率引き上げを中止し、所得、資産、法人の各分野における総合的な税制の公平化を図ること。

9 この国のすべての子ども、若者が、健やかに育ち、学び、働くことを可能とするための保育、教育、雇用に関する予算を飛躍的に拡充すること。

10 地域間の大きな格差を是正しつつ最低賃金「1500円」を目指し、8時間働けば暮らせる働くルールを実現し、生活を底上げする経済、社会保障政策を確立し、貧困・格差を解消すること。また、これから家族を形成しようとする若い人々が安心して生活できるように公営住宅を拡充すること。

11 LGBTsに対する差別解消施策、女性に対する雇用差別や賃金格差を撤廃し、選択的夫婦別姓や議員間男女同数化(パリテ)を実現すること。

12 森友学園・加計学園及び南スーダン日報隠蔽(いんぺい)の疑惑を徹底究明し、透明性が高く公平な行政を確立すること。幹部公務員の人事に対する内閣の関与の仕方を点検し、内閣人事局の在り方を再検討すること。

13 国民の知る権利を確保するという観点から、報道の自由を徹底するため、放送事業者の監督を総務省から切り離し、独立行政委員会で行う新たな放送法制を構築すること。 




画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック