国民と立憲は合流せよとメディアは言う

 メディアは直接は言わないが、人の口を借りてこういう。
国民幹部は「選挙後も近親憎悪が続けば、二度と一緒にできなくなる。野党がまとまらない限り、政権交代はあり得ない」と嘆く。朝日
 国民の参議院議員は特に動きはないが、国民の衆議院議員は希望の党ではないのか?彼らはミギの踏み絵を踏んだ人たちではないのか。
 そして立憲はそれをしなかった人たちの集団ではないのか?その大きな溝がどうして埋まるというのだろうか?当時の希望の党の中心メンバーは自民党に行ったりする。さすがにそれと同じとは言わないが、水と油ほど違うと私には見える。

 もっとも確かなことは立憲はある程度の支持率を持ち、国民は限りなくゼロに近い支持率しかないことだ。本来はそれが議員数に現れるものだが、世間の情勢はそれを許さない。
 国民を支持する連合の力は依然として大きい。立憲が真に力をつけてくるのはまだまだ時間が足りない。それが情勢だ。

 結果的に、一人区統一、それ以外競合、は妥当なところなのだろう。結果は有権者が出す。それしか言いようがない。
 メディアが誘導していることだけは忘れないようにしよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック