容疑者が逃走したことが問題なのか?

 未だにさっぱりわからない。

 こんな表題だ。「痛恨の極み」 横浜地検が容疑者逃走を陳謝 逃走したことが問題なのか?
横浜地検の中原亮一検事正は「痛恨の極み」と陳謝した上で「責任は重いと思っている」と述べた。今後検証し、再発防止策を公表する方針。
 検事正という偉いお方が陳謝したから十分の対応をしたなんておかしいだろう。本文では何を陳謝したかすらわからない。にも拘らず再発防止だって?何の再発を防止するのだろうか?

 記事には淡々とこう書いてある。
東京高裁は今年1月、控訴を棄却したため2月8日に実刑が確定。地検は再三にわたり出頭を求めたものの、容疑者は応じていなかった。
 警察は容疑者を裁判所の決定で逮捕していく。検察は裁判所が刑を確定させても出頭を求めるだけなのか?ここがおかしいと、検察は思わないのか、記者たちもなんとも感じないのか?
  容疑者が世間に野放しになったって。2月から今までは野放しではないのか?なんとも感じないのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック