日本人を守らない日本政府

 中国に逮捕されていた日本人が実刑になるらしい。
中国の山東省と海南省でおととし3月、温泉開発のため地下調査などを行っていた日本人男性6人が「国の機密を盗んだ」などとして、国家安全当局に相次いで拘束されました。

 このうち4人が解放されましたが、関係者によりますと、17日朝、山東省の裁判所は、起訴された「日本地下探査」の男性社員(73)に対し、懲役5年6か月と日本円にしておよそ48万円の財産を没収する実刑判決を言い渡しました。調査のために集めた地図情報や座標が問題視されているとみられます。TBS
 記事はこれで終わりだ。TBSはこの判決が正しいあるいは当然だと考えているのだろうか?

 そもそも彼ら日本人はどのような雇用形態で仕事をしていたのか、温泉を開発するのは企業なのか、それは日本企業なのか、そしてその目的は何か、地域を指定したのは誰なのか?「日本地下探査」に取材すれば分る事ではないのか?それとも、その目的がスパイ行為であることを取材で確認したのか?

 そして、上記の事情以前に、日本政府は日本人を守る義務があるのではないのか?テロとか紛争地での企業戦士を守るために自衛隊は出動し地上部隊が活動することまで考えていたのではないのか?実刑になった日本人は企業戦士ではないのか?
 何故TBSは上記の質問を政府にぶつけないのか?

 この同じ日にこんな報道だ。
安倍総理は中国の外交トップ、楊潔チ共産党政治局員と会談し、来月の大阪G20サミットに合わせた習近平国家主席の日本訪問と首脳会談に向けて協力していくことを確認しました。

 「来月、日本でG20サミットが開催され、習近平主席をお迎えすることになります。その際、習近平主席とお目にかかり、ゆっくりとお話できることを大変楽しみにしています」(安倍首相)TBS
 カナダは自国民が中国に逮捕されたと抗議したと記憶している。こんな日本政府は要らないと思いませんか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック