大相撲も売り渡すのか?

 本当にこんな事を良いと思っているのだろうか?
5月に訪日を予定しているトランプ米大統領が、同26日にある大相撲夏場所の千秋楽を観戦し、優勝力士に安倍晋三首相と共に「内閣総理大臣杯」を授与する案が浮上した。両首脳による「そろい踏み」で、緊密な日米関係を国内外にアピールする狙いがありそうだ。毎日
 これで緊密な日米関係をアピールできる物か。アピールしているのは、日本の権力はアメリカ大統領が握っていると言うことだ。

 私はそうは思わないが、大相撲は日本の国技だという。日本の総理大臣が作った内閣総理大臣杯を共にであろうとも、アメリカ大統領が授与すると言うことは、日本の権力をアメリカに渡すことを意味する。

 こうならまだましだ。
相撲好きで知られるシラク元仏大統領がかつて「フランス共和国大統領杯」を創設したこともあり、今回も「総理大臣杯」ではなく、米国が新たに「特別表彰」を設けてトランプ氏が授与する案も出ている。


 元号は日本独自でないといけないとアピールしたが、相撲はそうではないのか?中国はダメだがアメリカなら良いのか?

 それと警備の問題で、千秋楽がアメリカの支配する空間になりそうだから、それをテレビで中継すれば日本人たちにもよく分る事になるだろう。その方が良いかも知れないが、恐らく警備上の問題で実現しない話だとは思うが。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック