ゲノム編集食品で日本人をモルモットにする話

 ゲノム編集食品の解禁について、異常な話だと思っていたが、記事をよく読めば異常の原因が透けてきた。
今、開発が進むほとんどの農水産物で行われている、新たな遺伝子は組み込まずに遺伝子の変異を起こさせる方法を使った食品は、毒性や発がん性などを調べる安全性の審査は必要なく、事前に届け出を求めて公表する、とした最終の報告書をまとめました。NHK
 何故安全性の審査が必要ないのか、説明は少ない。
専門家会議の部会長で新潟大学の曽根博仁教授は「ゲノム編集食品の安全性は、方法によってはこれまでの品種改良の技術で作られたものと変わらないと考えられる。食べ物について消費者が心配するのは当然で、国や研究者は引き続き丁寧な説明が必要だ」と話していました。
 品種改良と同じだからとの説明が唯一なのだ。そこには「方法によっては」との限定的な安全性が言われているにも拘わらず気にもとめない。そして消費者の不安については、いつもの丁寧な説明だけですまそうというわけだ。

 品種改良でも突然変異は起こるし、過去の突然変異の結果を選択によって集めていく事により違った遺伝子を求めて行っている。だが、意図的で大規模なゲノム編集はまるで違うものになる。その可能性は否定できないはずなのに、こんな結論は納得がいかない。

 日本の科学者たちはこの結論に納得しているのか?危険な農水産物を国民に食べさせるな。国民をモルモットにするなと言いたい。

 そして記事の中に面白い記述を見た。
海外ではアメリカ政府が原則として特別な規制をしない方針を示し、EUでは司法裁判所が遺伝子組み換え技術と同じ規制を適用すべきとしていて、具体的な制度が検討されています。
 日本の結論はアメリカの結論のコピーだろう。そして
特に、規制がない国で作られたゲノム編集食品を業者が知らずに輸入した場合は、ゲノム編集食品であることを見極めることが不可能な状態も考えられます。

結果的に届け出をした業者だけが損をするような事態になりかねないと懸念されています。
 要約すれば、こういうことだ。
 規制がない国アメリカはゲノム編集食品を表示無く輸出してくるから日本では判別できない。アメリカに表示を求めることも出来ない。だから日本国内でも表示無く流通させないといけない。その結果国民に害が及ぼうとも構わない、今アメリカと対決するより良い。

 何とも情けない結論だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック